まとめ連合

「好きっていってくれたの…私寂しくて…」付き合う相手がヤルことしか考えていない男でもいいと言うのなら俺は身を引く。独占欲だけで彼女を引き留めたいわけじゃないから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
◇修羅場◇part33
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1157550474/

241: 休憩所902: 2006/09/07() 19:34:27
俺:21歳 大学4年
彼女:29歳 フリーター(今年の3月で派遣の契約終了)
D男:27歳 フリーター?

俺と彼女は付き合って1年。喧嘩もたくさんしたが、
特に大きな問題もなく今に至る。

先日彼女とデートしていたときのこと。
大柄でイケメン、ちょっとちチャライ男がいきなりきて
「おい!お前何様のつもりだ!!」
と公衆の面前で俺を怒鳴りつけた。

244: 休憩所902: 2006/09/07() 19:39:36
人が回りに多かったので俺は
「何のお話かわかりませんがとりあえず
ここで話すのは微妙なので、どこかお店に入りませんか?」
と提案。

するとD男は
「別にいいけど、お前が払えよ」と。
どうせコーヒー程度のお金のことをこんな前約束する
必要があるのかと、俺はあきれた。
このとき彼女は気まずそうにしていた。

店にはいって、俺が
「どういうつもりなんですか、いきなり怒鳴りつけて」
というと、D男が
「こいつは俺の女なんだよ」といった。
俺→彼女「どういうこと?この人と知り合い?」
彼女「・・・泣きはじめる。」
俺「泣いてちゃわからない。とりあえず話しを聞かせてほしい」
D男「お前が遊ばれてたんだよ!
   だいたいお前21だろ?こいつみたいな大人の女が
   相手するわけねーじゃん」
俺「それは俺達の問題なんで。」
D男「じゃあとりあえず俺はいく。会計よろしく」
俺「・・・」
俺「たのむ、何の話なのか教えてくれないか。」
彼女は泣くばかり。
らちがあかないので、とりあえずお店をでて彼女の家へ。

  • 252: 休憩所902: 2006/09/07() 19:46:34
    彼女の家にいって中をあけると
    なんと中にD男がいた。

    俺「なにしてるんですか?」
    D「決まってるじゃねーか、こいつとやるんだよ」
    俺「今から彼女と話がしたいので出てってくれませんか」
    D「いいけど、8時には終わってくれよ?
      こいつとやる約束だったんだ今日は」
    俺「でてってください!!」

    俺と彼女との話し合い。
    俺「あいつとどういう関係なんだ」
    彼女「○○(俺)が最近就職活動で忙しかったじゃない?
      それで寂しかったの。バイト先のお客さんなの彼は。
      何回か遊んだの。でもほんとそれだけ。
      寂しかっただけなの。好きなのは○○よ」
    俺「遊んだって・・・それだけなのか?
      やったのか?」
    彼女「・・・(泣き始める)」
    俺「3人で話をしよう。お前からあいつにもう会わないといってくれ」
    彼女「それじゃあDさんに悪いわ・・彼は何も知らなかったの」

    ここまで冷静に話しをしていた俺もこの発言にはきれた。
    俺「もう会わないって言うだけじゃないか!しかもあいつも
      お前のことほんとに好きなわけじゃないだろう」
    彼女「好きっていってくれたの・・・私も寂しくて・・」
    俺「あのなーお前とやることしか考えてない男だろ?」
    彼女「でも私、彼を信じたい・・・」

    もう意味不明。

    257: 恋人は名無しさん: 2006/09/07() 19:51:11
    こんな29にはなりたくない私怨

    258:
     休憩所902: 2006/09/07() 19:53:48
    俺「とにかく3人で話す。俺があいつにもう会うなっていう。
      あいつを呼んでくれ」

    これが俺の最大の間違い。彼女の部屋にしたのは失敗だった。

    D男登場。
    俺「俺と付き合ってるんで、もう会わないでください」
    D「なにいってんだ。俺と会いたがってるのは彼女のほうだ」
    俺「いいからもう会わないでください!!!!」
    ちょっと怒り口調で言うと彼女は
    「Dさんを怒らないで・・私が悪いの・・」
    とヒロイン気分。

    俺「あのな、お前がほんとにDが好きで、それで俺を別れたいっていうなら
      俺もあきらめるよ。俺の独占欲だけでお前をひきとめたい
      わけじゃないんだ。こいつが好きなら、ちゃんと説明してほしい」
    D「こいつは俺とやるのが好きなんだ」
    彼女「だって○○が忙しいから・・・」
    D「寂しくさせるお前も悪いんだろーが」

    もうあきれた。話にならん。
    俺「わかりました。もうお前のことも信用できないし
      これで別れようと思う。あとは勝手にしてください」
    俺「うちにある荷物とかはまた返しに来る」
    俺は部屋をでた。

    しかし携帯を忘れたので戻った。

    265: 休憩所902: 2006/09/07() 20:03:11
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    まとめ連合