Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まとめ連合

嫁は誠実だけどどんくさい奴で、俺はそれが気に入っていた。嘘をつくのが下手なところが可愛くてしょうがなかった。それをぶち壊したのが間男だ。俺は徹底的に復讐した。

浮気妻への復讐2
浮気妻への復讐3

1003:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()01:56:34.15.net
復讐するのはいいが程々にな。
やりすぎるといろんなものを壊すよ。マジで。

借金させて元嫁と間男に慰謝料を合わせて1000万近く払わせた。
間男は零細企業の社長で、金をぽんと出せるような立場ではなかったようで。
娘二人の親権は元嫁に行ってしまったから、俺からの養育費を借金返済のアテにしてたんだろうな。
間男と元嫁はくっついて、子供もこさえたのを見計らって、養育費の支払いを止めた。
その分は俺が貯金してた。
元嫁が怒り狂って凸してきたんだが、もともとのらりくらりと面会もかわしてきてたし
面会の約束を守らないんだから俺だって約束守る必要ねーだろと言い張って押し通した。
その後は合わせるから養育費を払ってくれと何度も言ってきたが、どうせ守る気ないだろうと思ってシカト。
一度は上の娘を同伴して俺の所に来た。その時はいま財布にあるのはこれだけだと言って五万渡した。
今後も払うつもりは全く無かったので、前から打診のあった飛行機の距離の支社に転勤するべく翌日から動いた。

向こうは人出が全く足りなかったようで、一週間そこらで正式な辞令を待たずに出張という形で飛んだ。
携帯の電話番号も変え、これでもう誰にも遠慮することはないだろうと思い
正式な転勤辞令が出た時に自宅を引き払うついでに間男の周辺に爆弾を落としてきた。
間男はもともと俺の同業者だったので、近所や知ってる取引先に不倫の話を広めてきた。
ついでに元嫁の不貞画像もバラまいてきた。

それから三年経って、本社に出向いた時に同僚が近況を教えてくれた。
俺が広めた悪行のせいか会社は潰れ、俺の娘諸共心中を図ったそうだ。
結果的にそれは失敗したが結局間男は再度ジサツ、元嫁はボロ切れのようになりながら三人を養っているらしい。

  • 1004:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()02:21:17.52.net
    殺されかけた娘二人にこれ以上苦労をさせるのは忍びなかったので、俺の転勤先に元嫁一家を呼び寄せた。
    元嫁は泣いて感謝をしていたよ。俺は元嫁の涙にも特に何も思うところはなかったけどな。
    そのまま、元嫁はコブ付きだが都合の良い女として扱った。籍を入れる気はなかった。
    下の娘が短大を出て就職したのを機に、お前と間男との子は俺にとっては他人だからと追い出した。
    俺にしてみれば正当だし、付き合ってた部下が妊娠したから部屋を空けたかったのが動機なんだけどさ。

    子育てが終わったら俺と元サヤのつもりだった元嫁は荒れに荒れた。籍を入れてなくても事実婚だからなんだとか。
    俺ははっきり言ってやったよ。元嫁もそろそろトウが立ってきたしし、一度俺を裏切っといて何言ってんだってね。
    そしたら娘にも責られた。過去のことがあったにせよ、それはあんまりなんじゃないか?ってね。

    不思議なもので、間男の所にいるうちは義務感で養育費を積み立ててはいたがかわいいとは思っていなかったが
    同居してると情が湧いてくるもんで、その実の娘に詰られるのはかなり堪えたよ。
    娘は短大まで出してやったが、間男との息子は今は奨学金で工業高校に通ってるらしい。
    娘たちはなけなしの金で元嫁と弟に仕送りしてるんだってさ。

    一度、偶然元嫁と遭った。
    俺と同居していた時は専業だった元嫁だが、女を捨てて苦労して働いている様子だった。
    結果的に前の仕事のキャリアを取り上げた上に交友関係もまっ更なこっちで放り出したのが復讐。
    でも、その分は娘に捨てられる形で俺にも跳ね返ってきた。
    今では娘たちとも疎遠になってしまった。

    あれから家も立てて、今嫁とは二人の子供もできて、幸せな家庭を築けている。
    だから今の家庭に不満があるわけじゃないが、なにか間違えたかな、と思う。

    1005:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()02:40:33.69.net
    養育費支払い拒否した上に嫌がらせで養父の生活困窮させた時点でお前が娘を捨てたも同然なのに何を言ってるんだ

    1006:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()07:07:09.92.net
    養育費ってのは養育をするためのもので、それ以外に使われる状態なら渡さず貯めといてもおかしくないだろ?
    書くの忘れてたけど借金の支払いがきついならこっちで養育するぞって事は何度も伝えてあったよ。
    結局、間男と新しく子供作るとかその割に余裕あったみたいだしね。
    それに間男を攻めるのは機会があればやって当然じゃない?
    逆に訴えられても、たかが知れた罪状にしかならないしね。当時の俺には守るものも特になかったから。

    1007:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()15:35:00.59.net
    まぁ、自分が壊れるか相手を壊すかのどちらかだよね不倫ってのは

    1008:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()18:29:00.49.net
    間違えたのは養育費の支払いを止めたことじゃないと思ってる。
    むしろもっと前、元嫁と離婚したその時点で間違えたかなあ、と。
    当時は有責者からは離婚できないってこと知らなかったからね。
    知っていれば、もっと違う選択肢を取れたと思ってる。

    ——————————————-

    19:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()19:45:21.83.net
    前スレ1003はもっとkwsk

    21:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()21:30:08.71.net
    >>19
    どこから書いたものやら。

    22:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()22:07:19.13.net
    身ばれしたくないのでフェイク込みで。
    元嫁との付き合いは学生の頃に遡る。
    もっとも、本当の意味で付き合いだしたのは社会人になってからだ。
    元嫁は誠実だけどどんくさい奴で、俺はそれが気に入っていた。
    嘘をつくのが下手なところが可愛くてしょうがなかった。
    それをぶち壊したのが間男だ。
    こいつが諸悪の元凶で、元はといえば脇が甘い元嫁も悪いといえばそうなんだが、
    横恋慕した元嫁を正攻法で攻略できなかったから酒に酔わせて半ば無理やり行為に及んだんだ。
    そんで撮影までして、それをネタに元嫁を呼び出して行為を繰り返してた。
    分かりやすいやつだから、何か元嫁がトラブルを抱え込んでたのは発覚前から分かってた。
    だけどまあ、わざわざノコノコ出ていく元嫁も元嫁だよな。
    間男の次の一手は俺や元嫁実家に不貞画像を送りつけるって常軌を逸した手口。
    それで、カネは用意するから俺に元嫁を寄越せとのたまってきたんだよ。
    画像のせいで元嫁を受け付けなくなった俺は、泣き叫ぶ元嫁を強引に切り捨てた。
    ところが間男の方が一枚も二枚も上手で、そのカネの出所は俺からの養育費をアテにしてたんだよ。
    厳格な元嫁実家を先に潰しておくことで、行き先を失った元嫁をそそのかし
    せめて娘とだけは離れたくない元嫁が親権を狙いに来るように仕向けた。
    この筋書きは当時は読めなかったので、俺はまんまと間男の狙いにハマってしまい、
    元嫁と娘を手放してしまうことになってしまった。

    23:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/27()22:46:05.59.net
    慰謝料は間男と元嫁あわせて1000万とは書いたが、大半は間男が用意したカネだ。
    そして元嫁が逃げ出せないように速効で子供をこさえたって訳。
    間男にとって誤算だったのは、元嫁を俺に会わせたくないがために娘と俺の面会を妨害したことで
    俺が娘に対する愛情を次第に喪失していき、養育費を払わなくなったこと、
    それと俺が元嫁に対する態度を変え、画像をばらまくようなことができるようになったことだ。
    ワンマン社長でいきがってた間男の会社だが、俺が徹底的にやり返したことも手伝い不況の波を乗り切れず潰れてしまった。
    借金にまみれた挙げ句に無理心中を図り、土壇場でとうとう元嫁と娘と息子に逃げられ、
    厳格な元嫁実家も流石に時限つきで避難することを許し、それを苦にして間男は自殺した。
    こんな経緯だ。間男が描いた筋書きに気付いたのは自殺後の話で、
    画像を送り付け自分から不倫をバラした意味に当時は気づくことができなかった。
    そんなもんだから、娘に対する負い目と元嫁への同情で呼び寄せたときは再構築も真剣に考えた時期があったんだよ。
    だけどどうしても許せない存在がいた。それが間男との間に生まれた息子。
    いくら本人に罪はないとはいっても、俺からすれば間男の悪行の結晶だ。
    こいつさえいなければやり直すこともできたかもしれない。
    だけど、悪気なく俺の金で育つこいつを見ているうちに、それを生んだ元嫁へも憎しみが募っていった。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    まとめ連合