Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まとめ連合

【1/8】今夜こそ!家に向かう俺の足は早まった。妻とはレス1年、以前の穏やかな暮らしを取り戻そうと終止符を打つ決意をした。想像を絶する現実が待っているとも知らずに。

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

21 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 22:58:16
今日依頼していた興信所から連絡があり先ほど調査結果と状況報告を聞いてきた。

とっくに覚悟はしていた、というか もう分かってたことだけど やはり悲しいね。

何がいけなかったのか、どうしてこうなったのか、ずっと煩悶してるんだ。

でも現実は受け入れなければしょうがないよな。

興信所には引き続き継続調査を依頼したよ。

622 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 23:06:22
>>621
お約束だけどkwsk
wktk

624
 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 23:08:18
ある日俺は仕事の段取りが予定よりも早くついたので、妻に伝えてあった日よりも2日早く帰宅した。

東京に単身赴任して半年、仕事に追われまくってここ2ヶ月は休みもほとんど取れなかった。

妻に突然拒否されもうSEXレスも1年になるのに、それでも やはり久しぶりの我が家を前にして久しぶりに楽しい気分だった。

そう、俺は今回の休暇で妻との1年に及ぶSEXレスに終止符を打ち、それ以前の穏やかな暮らしをなんとしてでも取り戻す決意を心に秘めていた。

駅から自宅までの徒歩10分の距離を無意識に早足で歩いていた。

耐えられないぐらい辛い現実が俺を待っているとも知らずに。

626 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 23:11:49
wktk


  • 627 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 23:19:54
    俺は35歳の某企業に勤めるサラリーマン、6歳年下の妻は子、子供はまだいない。

    俺は欲しいのだが、妻が乗り気じゃなかったんだ。

    俺と妻の子とは友人の紹介で6年ほど前に知り合った。

    付き合い始めて結婚までは早いほうだったと思う。

    あれから5年、この5年間の間に俺達夫婦はいったい何を手に入れることが出来たのだろう。

    先にも書いたが俺達はもう1年ベッドを共にしていない。

    何故だかわからないが、突然妻が交渉を拒否するようになったからだ。

    そしてそれを契機に俺達の夫婦生活は何もかもがよそよそしいものになっていった。

    妻はその日以後 俺に脱いだ下着を自分のものと一緒にするなと再三にわたって俺に訴えた。

    俺がどうせ一緒に洗うんだから かまわないだろって言うと、妻はしばし絶句した後でこういったんだ

    「一緒になんか洗ってないわ、ちゃんと分けてくれないなら もうあなたの下着は洗わないから」

    辛い1年だった、だから俺は今回の一時帰宅を契機に全てを以前の状態に戻したかった。

    でもそれは俺の独りよがりな儚い幻想だったようだ。

    629 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 23:28:17
    駅からの僅かの距離を俺は早足にマイホームに向かって歩いていたんだ。

    俺と妻が暮らすマンションの駐車場が見えてきた時、俺の駐車場に止まっていた車に乗り込む男女の姿が垣間見えた。

    男の容姿は今一はっきりとは確認できなかったが、女は俺の妻のように見えたんだ、

    但し普段の妻が決してしないような、派手な装いで そのときの俺は まさか妻だとは思わなかった。

    ここらあたりでは路上駐車や人の駐車場に平気で車を止める不届き者が後を絶たなかったから。

    二人は仲がよさそうにいちゃいちゃしながら、時折男が女のスカートを捲り上げたりしていた、

    その度に女は大げさに男を叩くマネをしながら車に乗り込み、そのまま走り去っていった。

    ほんの僅かな不安感を心に抱きながら俺は妻と私のマイホームのドアを開けた。

    えっビックリしたどうしたの?って言う妻の反応を期待しつつ。

    630 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 23:37:33
    それからどうなった?

    631
     名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/14() 23:38:06
    しかし そこには、俺の儚い望みとは裏腹に妻はいなかった。

    俺は僅かな不安と、失望を胸にマイホームに入ったんだ、

    直ぐに気がついたには食べ物と、情交の残り香がが放つ言いようの無腐臭が入り混じった、表現しようのない腐臭だったんだ。

    リビングダイニングには、多くの缶ビールの空き缶とゴミ箱は腐臭を放つティッシュの山。

    パーティーをしたと思しき食べさしの料理の残骸。

    電動マッサージャーと、グロテスクな形のバイブレーター。

    寝室は寝乱れたベッドの上の布団、

    ここにも電動マッサージャーと、他の形のバイブレーター。

    赤い色の長い紐、ゴミ箱には やはりティッシュの山と無数のイチジク型の浣腸の残骸。

    風呂には金箔入りのローションが置いてあり、湯が抜かれていないままだった。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    まとめ連合