Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ピュアな気持ちだったし!こ、心は処女だもん!」高校時代に感染しまくったクラミジアを治し、大学で童貞狩りを始めた彼女。その魔の手にかかったのは俺だけじゃなかったwww

修羅場part88
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1256133247/

787:
恋人は名無しさん:2009/11/02()14:29:43ID:wiPl6yvp0
某スレで「この童貞!」と言われて思い出した修羅場。

部長男性。サークルの部長。当時3回生。
先輩男性。当時3回生。
私男性。当時1回生。
T子女性。当時1回生。

大学に入って数ヶ月。友達以上恋人未満だった女性と久しぶりに飲みに行くことに
(未成年であったことは許しておくれ)。ここらでバシッと告白をして正式に付き合いを
と思っていたからだろうか、彼女はずいぶん色っぽく見えた。

飲みながら話は徐々に恋愛話に。彼女の口からは「もう私、処女じゃないよ」という台詞。
付き合っていたわけではないけれど、かなりショックを受ける自分。
「私君はまだ(童貞)なの?」と畳み掛けられ、事実なだけにいろいろと再起不能。

788:787:2009/11/02()14:33:14ID:wiPl6yvp0
その場は何とか取り繕うことができたものの、部屋に帰るとさらにショックはひとしお。
真っ暗にして、部屋の隅でひざを抱えてぽつねんとしていた。

何か新しいことでも始めよう、と某音楽系サークルに入ることに。

少しだけ心得のあった私は、同じ1回生で初心者の人たちに教えまわる役目についた。
そんななか、いい雰囲気になってきた女性がT子。飲み会の席でもよく一緒になり、
恋愛談義や音楽談義に話を咲かせるなどして数ヶ月。告白されて、正式にお付き合いをすることになった。

そこからさらに数ヶ月。
紆余曲折を経て、処女童貞同士なりに初体験を無事済ませた。場所は自分の部屋。
ぼろアパートの一角であるため、声や物音は駄々漏れだったと思われる。
若さも手伝って、サルのようにヤリまくる毎日が始まった。

  •  

  • 791:787:2009/11/02()14:36:01ID:wiPl6yvp0
    とはいえ、貧乏学生の栄養・経済状態は精力絶倫で毎日ムッハーというわけにも行かない。
    講義やレポート、サークル活動にバイトと忙しさも増してきて、2日に一回が3日になり、
    週一回になるのにさほど時間はかからなかった。

    2回生になり、学部生でありながら研究室にも顔をだすようになる。
    公私共に充実した生活が続く。まさにリア充。T子との付き合いも順調かと思われたとある日、
    先輩が私の部屋を尋ねてきた(先輩の部屋はすぐ隣)。
    そういえばこのころは、サークル活動のほうはおろそかにしていた気がする。

    先輩「おまえ、T子とまだ付き合ってるんやな?」
    私「あ、当たり前じゃないですか、何言ってんです」
    先輩「部長が狙ってるかもしれへん。気をつけたほうがええぞ
    私「ありがとうございます!」
    先輩「それと、声とか、小さめにたのむわ」
    私「(赤面)」

    792:787:2009/11/02()14:37:59ID:wiPl6yvp0
    早速T子に話を聞くと、お決まりの
    「寂しかった」
    「私君は忙しそうだし」
    「でも何もしていない、仲がよいだけ」
    という釈明。あっさり懐柔される自分。これからはT子との時間をより大事にするということで
    決着がついた。

    それから数日は無事に時が過ぎていった。

    研究室の飲み会とサークルの飲み会の日程がかぶったため、
    「研究室のほうに出るから」
    とサークルの飲み会を断ったが、当日になって研究室の飲み会は一週間後であることに
    気づいたので、急遽サークルの飲み会に参加することにして、指定されていた居酒屋へ行く。

    794:
    787:2009/11/02()14:42:00ID:wiPl6yvp0
    居酒屋は地下にある。
    狭い暗い階段を下がると踊り場があり、方向転換して下ると居酒屋の入り口が見えていると言う構造。
    その踊り場は無駄にスペースがあるため、飲み会をひそかに抜け出ようとする人達がいちゃいちゃしたり
    待ち合わせしたりする場所として有名だった。

    階段を下がると先輩らしきひとが女性とキスをしている真っ最中。
    おおっと、と見ない振りをして居酒屋へ突入。久々の飲み会参加でみんなから歓迎され、
    T子の所在を確認することなくあっという間に杯を重ねてしまった。

    そのうち、部長と会話できそうな機会がきた。酔っ払った勢いでT子とのことを問いただす。

    私「ぶりょう、T子ねらってるっれほんろれすか」
    部長「俺別に彼女いるってwwwそれにT子はお前の彼女だろうがwww」
    私「だぁって、そんあうわさききましら。俺T子大事なんれすよ!」
    部長「私君、ちょっと良いか?」
    居酒屋の隅のテーブルへ移動。

    797:
    787:2009/11/02()14:50:02ID:wiPl6yvp0
    やばい、無駄に長くなっちまった上に連続投稿警告orz。読みにくくてごめんね。

    部長「えーとな、念のため聞くが、私君はその、処女とヤったことはある?」
    私「はい?(若干正気に戻った)」
    部長「何人、処女と寝たことがある?」
    私「え、いや、一人です」
    部長「うん、そうか。その、T子とべったり(笑)って話、誰から聞いた?」

    部長によると、部長の彼女がその噂を聞きつけて酷く立腹したらしい。
    誤解であることを証明するためにサークルの連中を呼んで説明してもらい、
    やっと仲直りしたばかりとのこと。
    サークルの連中の説明は「T子?すごいべったりなのは先輩じゃねーかwww」というもの。

    私「ええっとそういえばT子は?」
    部長「先輩もいねぇなああ、二人で抜け出したんじゃないか?」

    800:
    787:2009/11/02()14:56:26ID:wiPl6yvp0
    踊り場にいたのはT子と先輩だったのか、と合点した私は後先考えずに飛び出した。
    部長も後ろから着いてきてくれた。

    やきもきしながら電車に乗り、自転車を猛烈ダッシュ駆使してアパート部屋の前につくまでに、
    3回くらい吐いただろうか。酒のせいだけではない嘔吐感だったような気がする。

    2階の自分の部屋に行くには、先輩の部屋の前を通らなければならない。

    先輩の部屋は電気が消えている。

    階段では物音は特に聞こえない。

    廊下には、秘め事に特有のあの雰囲気。

    心臓の音がバクバクうるさすぎて何も聞こえない。