Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



【2/2】嫁と間男にちょい多めに慰謝料を請求した。当然、払えないとほざいてた。文句があるなら裁判でもなんでもどうぞ。あ、裁判記録って知ってる?一字一句、残るからねwww

【1/2】 【2/2】

663 6122009/10/24() 11:07:09
サインしてから、嫁がなんか言いだした。

嫁「ちょっと……財産分与って事は、私たち離婚するってこと?」
俺「当たり前ですね。」

ていうか、書類に書いてるだろ。ちゃんと読め。

嫁「それだけは待って!嫌よ!絶対嫌ぁぁぁぁ!」

嫁絶叫。うるさい。

俺「無理です。私はあなたを信じることは二度とできない。
  結婚を続けるなんて到底無理な話だ。」
嫁「違うの!遊びだったの!心はあなたにあるの!
  私あなたを愛してるの!だから待ってmんjhびゅおkj」
嫁父「いい加減にしろ!!!!!」

パーンッ!という音が響いた。
嫁父が嫁にビンタした。

嫁「ひどいわ!なんで分かってくれないのよ!
  家事はちゃんとこなしてたんだから良いじゃない!
  私には何の権利も無いの!?ひどいわひどいわふじこふじこ!」

嫁またファビョリだした。

俺母「いい加減にしてよ嫁さん!」
ここで、俺母がいきなり口を開いた。









  • 俺母「あなた自分が何をしたか分かってるの!?
       遊びだなんて、こんな最低な遊びなんて許されるとでも思ってるの!?
       夫を裏切って、両親を裏切って、私たちを裏切って、
       それが只の遊びで済まされるの!?
       あなたがそんな身勝手な女だったなんて、
       そんなこと分かってたら息子と結婚なんかさせなかったわよ!」

    俺母号泣。まだ何も発言してない俺父に視線を送ると、

    俺父「嫁君、もう黙ってくれないか。さっきから君の言い分を聞いていると、
        実に気分が悪いし、虫唾が走る。黙ってくれ。」

    嫁黙った。
    こうして俺夫婦の離婚・慰謝料は一応確定したわけです。
    しかし、これじゃあ終わりませんよ。

    664 6122009/10/24() 11:08:05
    唐突に、間男に間嫁の話振ってみた。

    俺「間男さん、奥さんにはこのこと、当然お伝えしますよね?」
    嫁父俺父「なんだと!お前既婚者なのか!?」

    2
    人同時にほぼ同じことを叫んでた。

    俺「そうです。間男さんは既婚者です。さらに、お子さんがいます。」

    嫁父間男に殴りかかる……と思ったら、
    俺父が間男に蹴りいれた。
    蹴りっつーか、顔面をふんづける?感じ。

    俺父「貴様なんという男だ!ふざけるな!
       妻子持ちの身で、よくもこんなことを!許さん!絶対に許さん!」

    間男ほんと顔真っ青。鼻血すら出ない。

    嫁父「間男君、君の奥さんはこの事を知っているのかね?我々は謝らなくてはならない。」
    間男「え……

    話を聞くに、間男どうやら間嫁には今日のこと伝えてないらしい。

    俺「まさか、隠すつもりじゃないですよね?」
    間男「い、いや……。」

    隠せるとでも思ってるのだろうか。
    ここで俺携帯を取り出し、おもむろに電話。
    「もしもし、俺です。はい。入ってください。入ってすぐ左の部屋です。はい。」

    部屋に突然女性が入ってくる。
    みんなポカン。間男真っ青。

    ???「間嫁と申します。この度は主人が大変なご迷惑をお掛けしました。
         本当に、申し訳ございません。」

    そうです。間嫁です。
    実は会社の上司に話して、間男宅の電話番号ゲットしてたんです。
    で、間男不在のすきを狙って間嫁とコンタクト。
    で、先ほどの流れとなったわけです。

    667 名無しさん@お腹いっぱい。2009/10/24() 11:11:07
    支援

    665
    6122009/10/24() 11:09:15
    嫁父「間嫁さん、この度はうちの娘が大変申し訳ないことをした。お詫びのしようもない。」
    間嫁「こちらこそ、本当に申し訳ない。
       嫁父母さんにも、俺さん俺父母さんにもお詫びのしようが無い。」
    俺 「間嫁さん、謝らないでください。あなたに責任はありません。悪いのは間男と嫁です。」
    間嫁「そう言ってくださってありがとうございます。
       しかし、夫をきちんと管理できなかった責任があります……。」

    間嫁ここで泣きだした。

    裏切られたショックに耐えられなくなったんだろうか。

    俺 「間嫁さん、私たち夫婦は離婚し、私は慰謝料を嫁に請求しますが、
       間嫁さんはどうするのですか?」
    間嫁「私たちも離婚します。
       そして、間男・嫁さん双方に慰謝料を請求します。子供は連れて行きます。
       嫁子さん(嫁の下の名前で呼んだ)学生時代からの付き合いだけど、
       あなたがそんな人だとは思わなかった。