【1/2】彼女は結局元彼と切れていなかった。大学のトイレで無理矢理やられ、言いなりになっていた。俺と付き合っているのをひたすら隠し、元彼を満足させている奴隷だった。

【1/2】 【2/2】

370  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:39 ID:STo3Uxvn
雨が降ってきた。
車の屋根を叩く雨音は不規則なリズムを刻んでいる。
俺は手に持っている機械のツマミを夢中で操作していた。
エアコンを切った車内は夜になっても蒸し暑く
俺は全身汗でびっしょりになり、額からは汗が滴り落ちてくる。
この機械は1年くらい前大学の先輩から貰ったものだ。

371  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:40 ID:STo3Uxvn
最初は何の機械か判らなかった。
「先輩これなんですか?」
俺がそのトランシーバーみたなモノを先輩に見せると
「ああ、それ電波を傍受する機械だよ」
なんでもディスカウントショップで1万円くらいで買ったらしい。

警察無線や昔のアナログの携帯電話や
コードレスの電話の電波を傍受できるらしい。
「電池が切れたままほったらかしにしてたから
充電すりゃまだ使えるぜ、欲しかったらやるよ」

面白そうだなって思って貰って帰った。

372  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:40 ID:STo3Uxvn
家に帰ってからしばらく充電してスイッチを入れるとたしかに使えた。
でも、驚いたのはその性能だった。

コードレスホンというボタンを押してツマミみたいなのを調節すると
近所のコードレスホンからの会話がバンバン聴こえてくる。
「こりゃ凄げえ」と思った。

まさかここまで鮮明に聞こえるとは思ってもみなかった。
最初は面白くて近所の電話を盗み聴きしていたが、
たいして面白い内容の会話も無く
やがて飽きて部屋の隅に転がったままになっていた。

  •  

  • 373  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:47 ID:STo3Uxvn
    その機械を久しぶりに引っ張り出し、
    親父の車を借り、電池が切れていたので車の中でも
    使えるようシガーライターから電源を取るコードを
    近所のカー用品の店に寄って買ってきた。

    そこまでしてこの機械を使いたかった理由は、
    彼女からかかってきた一本の電話にある。

    今晩、俺と彼女は19時に待ち合わせて一緒に食事に行くはずだった。
    その時間を20時に変更してほしいと彼女から携帯に電話があった。
    「どうしたの?」と聞く俺に彼女は
    「いえ、ちょっと友達から電話があるから・・・」と言った。
    「友達って?」
    「あ、あの大学の女友達で・・・なんか相談に乗ってほしいとか・・・」
    「携帯で話せば良いだろ」
    「いや、なんか長くなりそうだから・・・自宅に電話を・・・」

    彼女の口調は歯切れが悪かった。

    374  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:47 ID:STo3Uxvn
    俺は何かおかしいと思ったが平静を装い
    「そうか、じゃー終わったら携帯に電話して」と電話を切った。
    俺は直感的に彼女は何かを隠していると思った。
    電話があるというのは本当だろう。
    じゃ誰からかかってくるのか?

    それに、もし本当に女友達だったとしても、
    彼女がその友達とどんな会話をするのか大いに興味があった。

    俺はその時部屋の隅に転がっているこの機械のことを思い出した。

    375  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:48 ID:STo3Uxvn
    それは悪魔の誘惑だった。
    「人間知らない方が良いこともあるんだぜ」
    先輩が俺にその機械をくれるときに言った言葉を思い出した。
    その時は あまり気にとめなかったが、今になってその言葉が重みを
    おびてきた。

    彼女の家はFax付きの電話機で、彼女の部屋にコードレスの子機が
    あるのは知っている。
    ちょうどおあつらえむきだ、どうする?
    俺はちょっと悩んだが結論はすぐに出た。

    それから俺は部屋に行って機械を取ってきて、カー用品の店に寄り、
    彼女の自宅から百メートルほど離れた空き地の前に車を停めた。

    376  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:49 ID:STo3Uxvn
    雨音はだんだん激しくなってきた。
    時計の針は19時ちょうどを指している。
    「もう電話があるはずだ」俺は彼女の電話の周波数を探して
    何度もせわしなくツマミを回していた。

    しかし聞こえてくるのは関係の無いこの近所に住む住人の会話ばかりだった。
    それから5分ほどしてあきらかに他の会話と違う聞き慣れた声が聞こえてきた。
    「彼女だ」俺はその周波数を固定し、じっとその会話を聴いた。
    どうやら彼女と喋っているのは男らしい。

    俺は「やっぱり」と思うと同時に激しい嫉妬で胸を焼かれた。
    「俺との約束を遅らせてまで、この男と電話がしたかったのか」

    しかし二人の会話はそんな生やさしいものでは無かった。

    377  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 12:56 ID:STo3Uxvn