まとめ連合

【5/8】主不在のマンションで繰り広げられたパーティーのメンバーは妻以外全員男だった。情交の残り香が漂う宴の跡を目にし、俺の心臓は早鐘のように鳴った。

体を押さえつけられ動きたくても動けない彼女は それでも必死に身をよじりながら泣き叫んでいた 「ああ、ダメ、ダメ、またイク、ううう、ああ、イク、イク、ひぃーーー」 立て続けに逝かされ いよいよ彼女の全身の痙攣は激しさを増した しかし まだ男達は彼女を責める手を休めてはくれない そうしていったい何度妻は逝かされたのだろう 「ヒィー、もうやめて、お願い!もうしないで!ああああ、少しでいいから休ませて」 そんな彼女の必死の懇願は興奮の坩堝の男達の欲情に油を注ぐだけのようだ 男達の表情にもはや笑いはなく、彼らはギラギラした残忍な視線で汗だくになり泣き叫ぶ妻をひたすら責め続けた 「ヒィーーー、もうやめてー、死んじゃう、壊れちゃうよー」 頭を振り乱し、絶叫しながら泣き叫んでいる 全身を淫具で責め抜かれ立て続けに何十回も登りつめさせられた妻は、最後に ひときわ激しく体をビクンビクンと波打たせると ついにガックリと失神してしまった ダイニングテーブルの上でダラリと全身の力が抜けた状態で横たわる妻の汗だくの白い裸身は まるで死体のようで異様に艶めかしい 失神している妻の裸体に さきほどの小さなバスタオルがかけられて、再び男達は休憩に入った     38 621 jnlT2G0izQ 2008/09/26() 23:26:18 しばらくして失神から覚めた妻はカメにトイレに行きたいと言った それを聞いた男達はニヤニヤしながらバスルームから洗面器を持ってきて M字に開脚されて縛られたままの妻の股間にあてがい そのまま洗面器の中にするように妻に命令した 「いやーそんなの絶対にいや、トイレに行かせてもう我慢できないよ」 涙声で懇願している すかさずカメが 【何言ってるんだ?皆さんにお見せしないか!】 「いや、絶対にしない!」 【じゃあしょうがないな、子が我慢できなくなるまでみんなで見物してるよ】 「いや、いや、いや、酷いよ」 どうやら本気で嫌がってるようだ、しばらく待っても妻が必死に我慢しているのに業を煮やした男達は一人が妻の腹部を押さえ、もう一人が彼女の膣に指を2本挿入して激しく注挿しだした 「やめてー、いやー」 妻は絶叫していたがやがて 「ああ、ダメ、出ちゃう、ああ出ちゃう、いやー」 やがてブシュブシュとテーブルの上のビニールマットに飛沫を飛び散らせながら妻は無理矢理に放尿させられた 妻がすべて出し切るまで男達は責めるのをやめなかった 「・・・・・うう・・・・・ううう」 嗚咽を漏らしながら妻は本当に泣いているようだった しかし俺が飯食うテーブルで何やってやがんだバカヤロウが     42 621 jnlT2G0izQ 2008/09/26() 23:30:19 その後 再び床のビニールマットの上に妻がつれてこられて ついに輪姦が始まった まず最初の男が妻の両足を折り曲げながら大きく広げて挿入した 男は気持良さそうに一心不乱に妻の中に自分のソレを叩き込んでいる 激しい男の責めに妻は大きな声でよがっている 「ああ、ああ、気持ちイイ、気持ちイイよう」 そのうちに二人の男が手に赤い蝋燭を1っぽんづつ持って、火のついたそれを妻の体にかざした 妻は いまだ目隠しされたままの状態なので なにも気がつかない しかし やがて火に溶かされた熱蝋のしずくが彼女の乳房に垂れると激しく絶叫した 「ヒィー、あつ、熱いいいいー」 「いやー、やめてー、熱いよう」 体をのけぞらせ、ビクンビクンと震わせながら泣き叫びだした そんな妻の体の反応に彼女を犯している男は思わず快感の呻きをもらした 【おお、たまらん、マコがキュウキュウしまってビクンビクンしてるよ、こんな気持ちいいのは初めてだ】 男はあっけなく逝きそうになったらしくあわてて妻の膣から自分のソレを引き抜いた まだここで射精するつもりはないようだ     44 621 jnlT2G0izQ 2008/09/26() 23:31:55 最初の男が妻から離れるとすぐに次の男が彼女に覆いかぶさっていった 最初の男は自分も赤い蝋燭を握りしめると火をつけて蝋燭責めに参加した 男におかされながら なお3本分の熱蝋が容赦なく妻を襲う 「ああ、気持ちいい、感じる、ああ」 快感の喘ぎを漏らした次の瞬間には 「ヒィーー、あつ、ヒィーーー」 苦痛に泣き叫び絶叫している 赤い滴は妻の白い裸身に斑の模様を刻んでいく 豊かな乳房はもう赤い斑点でいっぱいだ、そして小さめの乳首には蝋の山が出来ている 妻の体に亀の甲羅の形に巻かれた赤い麻縄と白い肌についた赤い斑点が絶妙のコントラストを見せている       51 621 jnlT2G0izQ 2008/09/26() 23:35:16 男達の全員が射精寸前まで妻の体を楽しむと、今度は妻は後ろ手縛りのまま四つん這いにさせれれて今度はバックから犯された そして今度も妻の白い背中や柔らかい尻に容赦なく熱蝋が垂らされた 一人目の男にバックから激しく突きまくられついに妻は熱蝋地獄の中でも達した 「ああ、あああ、ああ熱い、熱い、ああイク〜、ううむ、うむ」 そして そのまま前につんのめるようにして倒れこんでしまった しかしまだ許されない、男は両手で妻の尻をつかむと強引に引き戻し再び突きまくった 男が射精寸前まで行くと次の男に交代して繰り返し繰り返し犯され続けた 交互に訪れる苦痛と快楽の絶頂に妻は泣き叫び、よがり、体を波打たせ、痙攣させ、錯乱しながら何度も何度も達した そして再びガックリと失神してしまった、男達に犯し抜かれ半ば開きながら濡れて光る陰部が生々しい     55 621 jnlT2G0izQ 2008/09/26() 23:36:25 上の階のBの部屋でこの一部始終を見ていた突入班の面々は この異常なパーティーの内容に衝撃を受け、次第に口数が減っていき、狭い室内に9人もの男がいるにも関わらず沈黙がその場を支配していった 場慣れしているはずの興信所員2名も今まさにわずか一階下の部屋で行われている この壮絶に淫靡なライヴ映像に色を失ってしまった どうやら冷静なのは心が壊れてしまっている俺一人のようだ 「さて、そろそろ準備してくれ」 俺がそう言うと、一瞬全員ははっとして我に返り一気に動き始めた カメラ担当、ビデオ担当、チェーンカッターを持った者、全員が自分の機材を最終点検している そしてパソコンのモニターを見ながら突入の瞬間を待っていた     61 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/26() 23:38:11 >>55 突入キター!     57 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/26() 23:36:47 この淫乱嫁、もうまともなセクロスは出来ないだろうな。     58 名無しさん@お腹いっぱい。2008/09/26() 23:37:09 エロシーン長すぎだろwww




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    まとめ連合