Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まとめ連合

夫が留守の日の私の家での宴は、一人また一人と参加者が増えていきました。結局私は彼に犯された日から三カ月もたたないうちに学生時代の友人達六人全員に抱かれていました。

148 夫の親友と pYf22.O53Y 2009/06/03() 18:30:01
ついに夫に私の浮気がばれてしまいました。
運が悪いことに私の浮気相手の男性達は
全員夫の昔からの友人なのです。

当然に彼らのところにも夫から連絡が行ってしまい
大混乱になっています。


夫に発覚してしまったきっかけは、
夫の出張中にいつものように彼が私の家に泊まって、

明け方まで何度も抱かれて、
二人とも疲れて全裸のままベッドで眠っていた時に、

突然 夫が予定よりも一日早く帰ってきてしまい、
裸で彼に抱かれて眠っている姿を夫に見られてしまったのです。


夫はそのまま何も言わないでふらふらと家を出て行きました。
私も彼もビックリしてしばらくは何も出来ませんでした。

正気を取り戻して必死に夫の携帯に電話やメールをしましたが
出てはくれませんでした。


やっとでてくれて私は必死で説明したのですが、
3分ほどで切られてしまいました。

本当になんでこんなことになってしまったのでしょう?
なんで私は こんなことをしてしまったのでしょう?
ただただ悲しいです。
 
  • 149 夫の親友と pYf22.O53Y 2009/06/03() 18:30:42
    私と夫とは大学のサークルの先輩後輩の関係でした。
    趣味が同じ旅行だったこともあり、自然と会話が弾み、
    夫からの告白で交際が始まり結婚に至りました。


    交際が時始まってから夫から同じ大学の(中学から大学まで同じ)親友として、
    ある男性を紹介されました。


    その男性こそ私が夫を裏切って一番初めに関係をもってしまった人です。
    私は夫や彼の仲間の男性達とともに大学時代をすごしました。

    その当時はもちろん彼は他の友人達ともそんな関係ではなくて
    ただの友人だったのです。


    150 夫の親友と pYf22.O53Y 2009/06/03() 18:31:28
    何年か前に大学時代の友人達が久しぶりに集まる機会があったのですが、
    たまたま その日は夫は仕事で参加できませんでした。

    私は久しぶりに大学生のころのような楽しいひと時を過ごしました。
    1
    次会が終わってから、彼に誘われて二人でもう一軒のお店に行きました。
    オシャレなバーでとても雰囲気の良いお店でした。

    周りが恋人同士ばかりだったこともあって、私たちは妙な雰囲気になり、
    彼は
     それまでのように私を友人の妻としてではなくて、
    一人の女性として接してきました。


    私は それがうれしくもあり、少し迷惑でもあり、
    なんだか複雑な気分でしたが久しぶりに
     どきどきしてしまいました。
    夫との緊張感のない日常では味わえない不思議な気分です。

    151 夫の親友と pYf22.O53Y 2009/06/03() 18:35:01
    私は初めて知りましたが、彼は夫とは違いとても女性を扱うのが
    上手な一面をもっていました。

    私が長い付き合いで初めて見た一面です。

    それからどれくらいの時間 そこのお店にいたのか記憶がありません、
    1
    次会で結構飲んでしまっていた上に、
    私は雰囲気にのまれてついつい飲みすぎてしまったからです。


    気がつくと私はラブホテルの部屋のベッドの上に全裸で寝かされていました。

    彼は そんな私をバスローブをはおっただけの姿で、
    そばの椅子に座って眺めていました。


    私は はっとして飛び起きて手で胸と股間を隠しながら
    「・・・・どうして?・・・」
    それだけ言うのがやっとでした。

    彼は おもむろにバスローブを脱いで裸になり私に覆いかぶさってきました。

    私は必死で「やめて」と何度も言いましたが彼は
    「前からこうしたかったんだ、ずっと機会を待ってたんだ」と言いながら

    私の両手を一つにして抑え、無理やり舌を私の口の中に押し込んできました。

    そして空いた片方の手で耳や首筋、胸を慣れた手つきで執拗に愛撫しました。
    彼は大柄でとても力の強い男性なので、
    華奢な私のちからでは到底抵抗できませんでした。


    152 夫の親友と pYf22.O53Y 2009/06/03() 18:35:43
    私はしだいに抵抗する気力を失い 彼のなすがままになって行きました。

    両方の乳首を交互に吸われ、軽く噛まれ、
    両足を開かれついにはアソコを右手で激しく責められ、

    私は心臓が爆発しそうにドキドキしながらついには
    彼の指で逝かされてしまいました。


    私が逝ったのを確認すると彼は私の両足を開き
    抱えるようにして私の中に入ってきました。

    彼が入ってくる瞬間に 私は本能的におびえ
    半泣きになりながら「やめて」といいましたが、

    彼は そんな私の言葉などお構いなしに激しく入ってきました。

    結局 その夜は彼に3度抱かれ、私は背徳感や緊張感で
    心臓が爆発しそうにドキドキしながら何度も何度も逝かされました。


    そう、それは夫とのマンネリ化したSEXでは決して味わうことの出来ない、
    麻薬のような禁断の快感だったのです。


    彼に強いS性があることは最初に犯された夜に気がついていました。

    それは 妊娠を恐れ必死で「中にださないで」と懇願する私に
    「孕め!」と言いながら
     無理やり2度も中で射精し、
    最後の
    1回は無理私の口の中に射精して吐きそうになる私の鼻をつまんで
    強引に飲ませた時の彼の目をみただけで
    彼のその性癖を理解できたからです。


    154
     夫の親友と pYf22.O53Y 2009/06/03() 18:37:58



  • まとめ連合