Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まとめ連合

【2/8】嫁が突然携帯を変えた理由が分かった。一度関係を持った上司が再三にわたり継続を迫ってきていた。取り合うのもウザくなって番号もアドレスも新規にしたというwww

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

253 中津川 jIzn4ThRRKxt:2011/03/22() 20:00:57.55 ID:
今日の友人とは過去にいろいろな経緯がありますので。 
誤解を招いてはと思い、少し長くなりますけど、あえて過去のいきさつも書きます。 
長くなって、ほんとすいません。 

254
 中津川 jIzn4ThRRKxt:2011/03/22() 20:02:34.49 ID:
今日会ってきた友達は、俺が大学の時に入っていた、あるサークルの仲間の知り合い、というか親分。 
俺たちの学校とは違い、私学最高峰のあの大学で、俺たちよりは1歳年下。人生で1回見かけるかどうかの超美人。 

ただ、父親が関東圏でもかなり有数の地主で、従業員が400人ぐらいの住宅会社を経営してる相当な金持ち。 
その上、自分も子供の頃からものすごく賢かった、その結果性格は強烈にわがままで、超気が強い。 

男だろうが、女だろうが、年上だろうが一切お構いなし。高飛車に上からバシってやっちゃうお嬢さん。 
だから、あれだけ壮絶に美人なのに、誰かと付き合ってるとかって話を、今に至るまで聞いたことが無い。 
当然、俺たちの周りの人間達のことも、思いっきり馬鹿にしてたけど、どういうわけか、俺のことは気に入ってくれてた。 

の結果、俺たちは3人で行動することがおおくなっていって、ミンミン(なぜかは知らないけど彼女はそう呼ばれてた)は、 
俺たちをよく、自分達じゃとても行けないようなところに連れて行ってくれて、驕ってくれたりした。 
ただ、ミンミンと遊んでると、1日に5回は「あんたほんとバカね」と言われてたけど。 

俺は、そういわれるの慣れてたから気にならなかったし、それにミンミンはとても面倒見がいいところがあって、 
俺や、友達に、なにか困ったことがあると、ぶつくさ文句と罵りを言いながらも、結局親身になって助けてくれてた。 

彼女は、目的に向かって突き進む性格なので、時には汚いマネや、平気で他人を踏みつけにすることもあるけど、 
ただそれでも根は純粋で、竹で割ったような性格をしてるから、俺はそんな彼女が好きだし、信頼もしてる。 

  • 255 中津川 jIzn4ThRRKxt:2011/03/22() 20:05:00.44 ID:
    その後、大学を卒業して、24歳で友達が結婚すると、今度は俺とミンミンは二人で行動するようになった。 
    と言っても、俺は会社務めしてるし、ミンミンも大学を卒業すると、すぐに父親の会社で働き始めたから、機会はぐっと減った。 
    今、ミンミンは父親の会社で、自分が立ち上げた分譲部門の責任者をしている。部長さん。 

    部下が50人近くいるらしい。前に聞いた話だと、住宅関係は決して景気がいいとはいえないけど、 
    なんでも、新しいブランドを立ち上げて、若手の斬新な発想の建築士を引っ張ってきて、値段よりイメージで勝負してるそうだ。 

    俺は前に、今の会社を辞めて、自分のしたで働かないかと誘われたことがあって、その時にいろいろ説明してくれた。 
    ただその時は嫁との結婚のこととかもあったし、一生ミンミンの下僕で生きるのもどうかと思い、辞退した。 
    実は、嫁との結婚が決まってから、一度ミンミンに嫁を会わせたことがある。ミンミンが会わせろって言うから。 

    ひと目見るなり、露骨に警戒してる嫁、口調は丁寧だったが、猫がネズミをいたぶる時のような目をしたミンミン。 
    もう最悪だった、いくら昔からの友達だと説明しても、あの女狐には二度と会うなと半泣きで迫る嫁。 

    ミンミンはすぐに電話してきて、もうボロクソ、「あんた、ほんと人を見る目なんて皆無だよね」 
    「大人しそうな顔してるけど、あの女は自分のことしか考えない女だよ、どんなことでもやるよ」 
    そういって、悪いことは言わないから、すぐに分かれろと捲くし立てられた。 

    256
     中津川 jIzn4ThRRKxt:2011/03/22() 20:06:54.60 ID:
    そうは言っても、その時には嫁との結婚式まで、あと4ヶ月だったからどうしようもないし、それに俺は嫁が好きだし。 
    それからも何回か、ミンミンから電話がかかってきてたけど、滅多打ちにされるのが怖くて出なかった。 

    そうしたら、結婚式の10日ぐらい前に、突然ミンミンが俺の家にやってきた。で、またあの話。 
    「今からでも遅くないから、結婚やめなさい、じゃないとあんた一生後悔するから」 
    それまで、ミンミンの人を見る目は確かだったし、きっと長年の友達の俺のことを心配してくれてるのもわかった。 

    ただ、俺にはそんな度胸はないし、それになにより俺は嫁に夢中だった、だから出来ないと言った。 
    そうしたらミンミンは「あんた、前に助けてあげた時に言ったよね?私の言うことなんでも聞くって」 
    「だったら、今お願い言うね、結婚やめて」それまでの詰め寄るような口調から一転、ニッコリ微笑んでそう言った。 

    俺は何も言えなくて、ただうじうじ下を向いてた、そしたらミンミンが、人の2倍ぐらいある目をクワッって見開いて、 
    俺をにらみつけて「あんた男のくせに、自分で言ったこと守れないの?」 
    もうほんと俺は、穴があったら入りたい心境でただ黙って俯いてた。そしたらミンミンはカツンって靴の音を立てて歩いて行った。 

    257
     中津川 jIzn4ThRRKxt:2011/03/22() 20:08:33.76 ID:
    それからここ1年ちょっと連絡を取ってなかった。 
    そんな経緯があるから、今回こんなことになって、ミンミンに助けてもらうのには抵抗があった。 

    ただどう考えても、なんとかしてくれそうな知り合いは、ミンミンしか思いつかないし。 
    それに結局ミンミンの人を見る目は、やっぱ正しかったんだし。 
    俺が電話すると、最初ミンミンはかなりつっけんどんだったけど、相談したいことがあるから会いたいっていうと、 
    一つため息をついてから「わかった」って言って、時間と場所を指定してきた。 

    ミンミンはほぼ約束の時間きっかりにやってきた。 
    ミンミンは昔から男っぽい格好が好きで、今日も黒のパンツスーツ姿だった、髪をいつものようにアップで一つにまとめてた。 

    俺は怒られるかな?って思ってビクついてたけど、やってきたミンミンは予想に反して、穏やかそうに「で、どうしたの?」 
    それで俺が、きのうからのことを全部説明すると、ミンミンは高そうなブランド物の手帳を広げて、いくつか聞いてきた。 

    ・俺と嫁は友人主催のコンパで知り合ったんだけど、誰が嫁を誘って連れてきたのか 
    ・嫁の前の会社の名称、所在地 
    ・嫁の前の会社のセクション、及び、直接間接の上司の氏名 
    ・結婚式にきた嫁側の会社の人間の氏名 
    ・式に出席した嫁の友人の氏名 
    ・嫁が今使ってる携帯の機種と色(ストラップとかデコレーションが知りたいから写メで撮って送れと言われた) 

    これを明日までに調べて、自分に知らせるように言われた。 
    そして、嫁の古い携帯のコピーを渡した、後は家の鍵の合鍵を今週中(金曜まで)に作れと命じられた。 

    258
     中津川 jIzn4ThRRKxt:2011/03/22() 20:09:37.73 ID:
    俺はミンミンに、それこそ鬼の首でも取ったような勢いで、ほらごらん、私の言った通りでしょとか責められると思ってた。 
    だけど、ミンミンはそんな様子は一切見せないで、むしろ機嫌が良かった感じがした。 
    相変わらず、口は悪かったけど。 




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    まとめ連合