Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

浮気中の彼女は、俺が入っていってもしばらく気付かずにバックでパンパンやってたから携帯カメラで撮ってた。そしたらおもむろに振り向いて「( ̄□ ̄;;) あ゙!!」って顔したw

そのあともしばらく俺は定住所を決めずあちこちで寝泊まりしてたんだが
カノ子の彼氏が部内で4人目になったという噂を聞いてやっとアパート住まいに戻った。
しばらくはカノ子が来るんじゃないかとびくびくしてたが、もう俺はターゲットからはずれたらしくその後は平穏だった。

サークルは籍だけ置いてまったく行ってなかったんだが、卒業間際に行ったらカノ子はとっくにやめてて
いつの間にかカノ子の評判もさんざんになってた。
カノ子にタゲられ真っ最中でノイローゼみたいになってるやつもいたから、
「何かに使えるようなら」とムービーで撮ったカノ子のバックでパンパン動画を送ってやった。
俺のは消した。

卒業してカノ子のことは遠い話になったけど、いったん悪者になってでもあのとき逃げておいてよかったと思う。

404: 恋人は名無しさん: 2011/06/25() 19:20:54.05 ID:1CYKXynu0
ダボハゼ女と縁切れて良かったね
今はどうなっているんだろうか

405: 恋人は名無しさん: 2011/06/25() 19:21:09.76 ID:WLOsaG0/0
>たとえばデート中、蟻の列を見つけると「巣に運んでるのかなー、ガンバレッ、ガンバレッ、ファーイト!」と立ち止まってエールを送りだす。
>蟻の先頭が無事巣にたどりつくと「えらいぞ。蟻さんってえらい…私もがんばらなくっちゃって思わされた」と涙ぐむ。
>俺としてはそういうノリがちょっと恥ずかしくなるときもあったんだが
>繊細で心のきれいないい子なんだなぁーと思っていた。

本当にこういうぶりっ子女とそれを天然だと信じる男っていたんだ・・・

407: 恋人は名無しさん: 2011/06/25() 19:32:54.63 ID:6n5c2mrH0
>>405
すまんね。
てか文章で書いたり読んだりするとアチャーだけど、カノ子の雰囲気込みだと当時はアリだったんだ

432: 恋人は名無しさん: 2011/06/26() 07:49:05.36 ID:2oVVUAaO0
女を見る目のない男は多い(特に若いうちは)けど、
同性に人気がなかったり、避けられている場合
異性にはわからない何かがあるんだと考えた方がいいよね。
これは男でも女でも同じ。

で、「嫉妬乙」は性別関係なく、考えた時点で
思考停止する危険ワードw

——————————–
【短記事でしたのでもう一つ】

彼女の浮気現場に、友達4人とフンドシ姿で乗り込んでやったw

◇修羅場◇part80
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1250579309/

793: 恋人は名無しさん: 2009/08/26() 22:59:00 ID:m7ZJXti80
投下します。

俺男 学生
彼子 フリーター

A
男~D男 大学友人
浮男 ちゃらちゃらした感じ

彼子とは大学に入ってからバイトで知り合った子。俺から告白をして付き合うようになって3ヶ月くらいだった。

初めは電話とかメールとかうるさいくらいに来てたんだけど、2ヶ月くらいから激減した。
お互い隠し事はなしにとか言ってたから、携帯を見せ合う事もあったけど最近ではそれもなくなってたので、何となく浮気でもしてるんじゃと思って、ある日彼子の家に泊まった時に携帯を見てみた。
そしたら出るわ出るわ。どこで会ったのかは分からないけど、かなりのラブメールが山のように出てきた。
付き合って日も浅かったし連絡激減で冷めていたので、何か悪戯でもして終わらせようと思って何もなかったように寝た。

翌日、大学の友人ABCD男の4人に顛末を話すとノリノリで俺たちにも何かやらせろよって事になった。
そこから一ヶ月は準備と行動観察の一ヶ月。
浮男と会う日の確認と準備が出来たところで友人4人と打ち合わせをして作戦決行。

795:
 恋人は名無しさん: 2009/08/26() 23:01:55 ID:m7ZJXti80
彼子の家から少し離れたところで5人待機。
彼子と浮男が部屋に入ったのを確認してから30分位すると部屋の電気が消えたので、羽織っていた長めのジャケットを脱いで彼子の部屋の前にゆっくりと進むフンドシ5人。
全員祭り好きで地元の祭りやらによく参加してたので、フンドシ姿も結構板についてた。
顔を隠す為に100均で狐とかのお面を買ってきて全員かぶった。
ゆっくりと鍵を開けて、音が立たないようにゆっくり部屋に近づくと暗い部屋から彼子の喘ぎ声が聞こえてきた。
その時にはすっかり冷めていたので、もう悲しいとかも何も感じなかった。
全員揃ったところで一気にドアを開ける

フンドシ4人「わっしょぃわっしょぃ」

俺男「あそーれ」

フンドシ4人「わっしょぃわっしょぃ」

796: 恋人は名無しさん: 2009/08/26() 23:05:16 ID:m7ZJXti80
紫煙ありがとう

状況の飲み込めない2人を置いてきぼりにしてベッドを取り囲むとフンドシの中に仕込んでたクラッカーを取り出して一斉に鳴らすと今気がついたかのように2人が騒ぎ出した。

浮男「何だお前ら!!」

彼子「きゃぁぁあ!」

ベッドから抜けて掴みかかろうとする全裸の浮男の足をかけて転ばせると残った4人で囲んで回りながら囃し立てる。

フンドシ4人「わっしょぃわっしょぃ」

俺男「あそーれ」

フンドシ4人「わっしょぃわっしょぃ」

余り長くしても面倒なので、ここで俺がお面を取って電気をつけるとプンスカプンスカしてた彼子が硬直した。