Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!


無米青子症の夫から養子をとる事を提案された。赤の他人の子供を育てるのはイヤだったから、同窓会で昔ちょっとモテてた人と浮気して一発妊娠してやったwww

366: 名無しさん@HOME 2012/03/29() 13:50:53.01 0
離婚した元夫は無精子症だった。 
結婚当初から自分も元夫も子供を希望していて、 
検査でそれが判った時は自分の中に嵐が吹き荒れた。 
元夫の親は最初から私に子の催促などせず、特に話題にもせず穏やかだった。 
不妊の原因が夫にあると知ってから、私は傲慢な妻だったと思う。 

夫に養子をとることを提案された時は、自分は元夫と結婚していなければ 
普通に我が子が持てたのに、何故赤の他人の子どもを育てなければならないのかと 
元夫にぶつけた。 
元夫からは離婚を申し入れられたけれど当初は突っぱねた。 
元夫の身体の事情で何故私の戸籍を汚されなければいけないのかと。 
無精子症の夫など、一生奴隷のように私を養えばいいと思っていた。 

同窓会で昔ちょっとモテてた人と浮気した。 
昔と変わらずの容姿で同窓会でも人気でその後誘われて気分よかった。 
まさかそんなたったの1回で妊娠するとは思わなかった。 
黙って中絶すればよかったのに元夫にサインさせた。 
元夫はこれには自分がサインするからこっちには君がサインして欲しいと 
離婚届を差し出した。 
勢いでサインした。なんかもう何もかもがどうでもよくなった。 
あっけなく夫は他人になり元夫になった。





  • 367: 名無しさん@HOME 2012/03/29() 13:52:09.64 0
    元夫は塾の講師が仕事でブログをやっている。 
    離婚後4年経ってもついそのブログを見てしまう。 
    元夫は、第二子妊娠中に夫を事故で亡くした女性と再婚したようだ。 
    養子を育てたいとずっと言っていた人だから、好きになった人の子供なら 
    問題なく育てていけるのだろう。 
    2
    番目の子は生まれた時から抱けたのだろう。 
    元夫は無精子症だった以外、人として男性として夫として完璧に近い人間だ。 
    外見も年収も性格もその他あらゆる能力も秀でている。 
    受験の頃のブログでは今の奥さんが作ってくれたお弁当がアップされていた。 
    受験シーズンになると元夫の仕事は深夜までになるが元夫に弁当など要求されたことも 
    作ってあげたことも1度もなかった。 
    きっと元夫は今の奥さんにも要求はしない人だろうから、きっと今の奥さんが 
    元夫の身体を気遣い何も言われなくても作ってあげているんだろう。 
    海苔が「のの字」に巻かれた丁寧な卵焼きが入っていた。 
    元夫のお弁当の隣に小さな子供用のお弁当も写っていた。 
    元夫は幸せなんだろう。子供を持つことができた。 
    深夜手作りのお弁当を開ける幸せを手にいれた。 
    私は独りのまま、もう子供を望める年齢でもない。 
    私には健康な身体があったのにアタマが馬鹿過ぎて何もない空っぽの人生。
     
    368: 名無しさん@HOME 2012/03/29() 13:57:39.75 0
    苦しくても辛くても、己が今からでも幸せになるために足掻け。 
    悟った顔してその実、ただ拗ねて、人生を投げるな。あなたが傷つけた相手に失礼だ。 
    相手の苦しみや悲しみを無駄にするな。そのくらいの責任は取りやがれ。
     
    371: 名無しさん@HOME 2012/03/29() 14:19:19.67 O
    >>366 泣けた 
    私も似たように愚かだった 
    あなたが幸せになるといいと思う
     
    372: 名無しさん@HOME 2012/03/29() 14:27:01.23 0
    >>366 
    しょうがない 
    どうしようもない 
    もし時間が撒き戻っても、他人の子供を育てることはできないよ。 
    しかたなかった。運が悪かった。 
    でも366は健康なんだから、これから何でもできるよ。
     
    396: 名無しさん@HOME 2012/03/30() 20:44:34.43 0
    >>366 
    辛かったですね。 
    時間は戻せないけれどこれからどんどん幸せになってね。