Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



巨根伝説のあるNさんは、そうとは知らずに俺の彼女に冗談半分でやらしてくれと言ったら、何と彼女はあっさりとOKしやがった!w

629 えっちな21禁さん04/09/23 00:05:23 ID:vxUOdqB9
俺も彼女に浮気された事があるので、
その時のこと書いてみるよ。

630 62904/09/23 00:07:16 ID:vxUOdqB9
数年前の話になるけど、ある職場でアルバイトしてた。
そしてその職場の事務の女性と付き合う事になりました。
彼女は俺より3つ年上で、当時25歳。

彼女は仕事の時は眼鏡かけていて、冷たい感じ。
いつもツンとしていて、見た目は性格きつそう。
最初の頃は取っ付きづらくて怖かったけど、
喋ってみると案外気さくで、いい人だった。

バイト始めて一年ほど経った頃、
職場の飲み会があって、その帰りに勢いで彼女とホテルへ。
やっちゃいました。

それから付き合うようになったんです。
まあ、その頃にはもうかなり打ち解けてたから、
付き合う予兆はあったんだけど。

631 62904/09/23 00:09:23 ID:vxUOdqB9
彼女は背は あまり高くないんだけど、
巨乳巨尻で腰はしっかりくびれている。

職場の制服ではケツ大きさくらいしか目立たなかったが、
脱がしてみたらかなりエロいスタイルで、
付き合い始めの頃は、彼女のアパートに入り浸りで
暇さえあればやってばかりでした。





  • ただ職場では恥ずかしいのや立場などから、、
    付き合っている事は内緒にして欲しいと彼女に言われ、
    一応職場の人には秘密にしていました。
    俺としては言っちゃいたかったんだけど。

    632 62904/09/23 00:11:01 ID:vxUOdqB9
    で、うちの職場に出入りしている子会社のトラック運転手に
    Nさんって人がいて、俺たちバイトとは結構仲良かった。
    Nさんは助平な人で、妻と子がある身ながら
    風俗大好きで、おまけに何人かセフレがいるいう超絶倫。
    頭が禿げかかった30代後半なのに。

    仕事の手の空いている時や、休憩時間など、
    バイトの連中とNさんでよくエロ話をした。
    大体はNさんの体験談で、すごく面白かった。
    N
    さんはとても話術が巧みで、
    これだから女を口説くのも上手いんだろうなと納得だ。

    633 62904/09/23 00:12:28 ID:vxUOdqB9
    このNさんが実家の事情で仕事を辞める事になった。
    それでNさんが辞める数日前、仕事が終わった後に
    特に親しかったバイト数人とNさんとで飲みに行く事になりました。

    俺が彼女と付き合い出して3ヶ月目の出来事です。

    この日のNさんは最後というのもあってか、
    珍しく真面目な話をしていたのだが、
    酒が進むにつれやっぱりいつものエロ話に突入した。

    634 62904/09/23 00:14:13 ID:vxUOdqB9
    ふとNさんがニヤニヤしならがこう切り出した。
    「言おうか、言うまいか、やっぱやめとこう。」

    そういう言い方されると余計と気になる。
    皆で「そこまで言ったら、教えてくださいよ」と激しく突っ込んだ。
    そしたらNさん、
    「じゃあ、絶対内緒だぞ。ここだけの話にしてくれよ。」
    とニヤニヤ。
    いつもオープンなNさんがこんなふうに言うのは初めてだ。
    バイトの皆、もちろん俺も興味を持った。
    N
    さんは最後にどんなエロ話を聞かせてくれるのだろう、と。

    「ほら、おたくらの職場の事務の姉ちゃんいるじゃん。
    実はこの間、あの子とやっちゃった。
    おい、言うなよ。絶対職場では言うなよ!」

    と言いつつ、口に人差し指をあててニヤニヤ。

    636 62904/09/23 00:17:11 ID:vxUOdqB9
    事務の姉ちゃんって・・・まさか・・・。
    事務には女性は二人いて、
    一人は俺の彼女、もう一人は50代のオバサン。

    俺はつい、話を続けようとするNさんを遮って、
    ○○さん(おばさんの方)とやったって事ですよね?」
    とアホな質問をしてしまった。

    「おいおい。さすがの俺でもババアとは出来ないよ〜。」
    Nさん。皆はドっトと笑う。

    △△さん(俺の彼女)の方だよ〜。」
    N
    さんがやったのは俺の彼女女だ。

    637 62904/09/23 00:18:14 ID:vxUOdqB9
    皆は興奮してNさんに質問を連発していた。
    今までNさんの相手と言えば、風俗嬢か、知らない女だったが、
    今度のは自分らと同じ職場の事務。

    皆がいつもより興味持つのは無理ない
    場が異様な雰囲気になった。

    「すげ〜。どんなだったですか?」