Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【1/2】俺は彼女の部屋に忍び込み隠れた。帰宅した彼女はシャワーを浴び、紐パンとブラを装着。彼女がほかの男に抱かれるために真剣に準備している姿を眺めた…

【1/2】 【2/2】

119 えっちな18禁さん2008/05/31() 01:13:10 ID:ByOMCuEo0
去年の8月に別れた彼女との話しなんだが
元彼女は23歳でアパレル関係の会社に勤めてた(シヨョップの店員)
そんで、出会いは女友達の紹介で合コンではないけど男女数人で食事した時。

その女友達から「巨乳の小林恵美連れてくよ!!」とか言う訳解らん謳い文句に
釣られて行ったら謳い文句そのまんまの巨乳の小林恵美似の子で
テンション上ったのを今でも覚えてる。

食事の席上で女友達が「この子はHカップあるんだよ〜」とか言ってて
2度ビックリした。
巨乳でもデブでは無くて、身長は160㎝くらいでスタイルは良かった。
服装は今流行りのお姉系ってやつで大人っぽい感じ。

まぁ俺には縁のない子だなぁと思っていたんだけど友人の仲介で携番
交換してから上手く事が進んで付き合うことに。

120 1192008/05/31() 01:14:03 ID:ByOMCuEo0
付き合ってみたらまぁ気の強いこと...
見事に尻に敷かれました。
でもHの時だけ人が変わるんだよね。

急に甘えん坊になるし凄いエロい子で潮はすぐ吹くわ自分で腰振るわで
挙句には俺が「もう逝く」とか言うと「まだ嫌だぁ〜」って言って
正上位の状態でカニばさみして抜かれないようにするんだよね。
胸もさすがHカップあるだけあってデカかったし乳輪も小さめで良かった。

彼女は昔からモテたらしいが恋愛に関しては真面目で一途、
今までの彼氏も交際期間が最短で1年で男遊びやら浮気経験は無いらしく。
彼女の周りの誰に聞いても皆口を揃えて言ってたからそれは本当みたいだ。
当時、彼女は同じ高校の女友達とルームシェアしていて
トータルで3回くらいしか家に行ったことがなかった。

で、ルームシェアしてる子とは3人で食事行ったり飲みに行ったりし
て仲良くなって彼女公認で連絡取り合う仲になった。

その子を仮にYちゃんとして、Yちゃんとは色々と趣味が被ってたせいか
すごく気が合ってお互い相談事したり、俺が男友達を紹介したりと
良い友達になれたし今では大切な親友。

  •  

  • 121 1192008/05/31() 01:15:11 ID:ByOMCuEo0
    そんで、彼女と付き合って3ヶ月くらい経った頃だったか、
    Yちゃんと電話してる時彼女の話しになるとYちゃんはその話を避けてる
    様に感じたんだよね。

    その時は、女二人で一緒に生活してれば仲の悪くなる時もあるだろうって
    位にしか考えてなくて関係が修復するまで極力彼女の話しはしないで
    おこうってしてた。

    彼女は そんな素振りは一切無かったから彼女がYちゃんに嫌われた
    のかなと思ったから余計に気を使った。

    それから1か月位経っても相変わらずだったから思い切ってYちゃん
    に彼女との事を聞いてみた。

    そしたら口籠ってはっきり言わなかったから俺の奢りで飲みに行って
    酔った勢いで聞いてみた

    俺「あいつと何かあったの?」
    Y「うぅん、特に二人の間で何か有ったわけじゃないんだけど...」

    俺「けど...?」
    Y「私、今は週の半分位しかあの家に帰ってないんだ。」

    俺「えっ!!どうして?」
    Y「その理由なんだけど...」

    俺「何?」

    122 1192008/05/31() 01:16:03 ID:ByOMCuEo0

    「K()のこと信用して言うから、これから私が言うことを聞いて
    も勝手に行動しないって約束できる?」


    「分かった。約束する」


    「驚くと思うけど、覚悟してね?」

    「う、うん。」


    「実は...最近、Sちゃん(彼女)が友達を家に連れて来るようになっ
    て、私の居場所が無いっていうか...」


    「あぁ、職場の子達かぁ」

    「いや、それが職場の子じゃないんだよね...」


    「あいつの地元の子?」

    「それも違う。」


    「じゃ、誰なん?」

    「最近知り合った人だと思う。」


    「へぇ〜、聞いたことないなぁ。」

    「それが...男の人なんだよね。」


    「えっ???」