Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

母が浮気した。見知らぬ男と母が、父に謝りながらも結婚したいから別れてくれと訴えていた。しかし母は男にバツイチ独身と偽って騙していた。実際には相手の男も被害者だった。

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1434008877/
547: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:11:00 ID:Ek4
高校時代に母親が浮気した
日曜日部活から帰宅すると見知らぬ男と母と
テーブルを挟んで座る父に
謝りながらも結婚したいから別れてくれと訴えていた

俺はその光景を見てしばし呆然としたが、
その男になぐりかかると父に止められた

男も母も俺に向かって土下座をしだしそのまま帰っていった
寡黙な父は「もう母ちゃんはいない、すまんな」
と一言言ったきり何も言わなかった
俺は泣いた

548: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:15:05 ID:Ek4
俺は部屋に閉じこもったが夜になり今のテーブルの上に
男が置いていった名刺があった

俺はそれを握り締めて親友の家に行った
親友の家には俺たちの兄貴分でもある先輩もいて
俺の話を聞いてくれた

先輩は、それでお前はどうしたいんだ?と聞いてきた
俺は、あいつらぶっころしたい、と言った
先輩は、ころすのはいかんけど
お前なりのケリはつけなきゃいかんよな
と言ってくれた

先輩の家も母親が浮気をして逃げていたせいか
俺の話を朝まで聞いてくれた
 
  •  

  • 549: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:18:45 ID:Ek4
    翌朝、俺と親友と先輩は三人で名刺に書いてある会社に乗り込んだ
    地方都市だが一等地にあるビル1棟を持ってる立派な会社だった
    乗り込んだ俺たちは浮気したババアと浮気野郎を出せ!!
    と喚き散らした

    すぐに警備員に取り押さえられ警察も来た
    俺たちはビルの詰所に連れて行かれ事情を聞かれていると
    男の上司とやらが浮気男を連れて事情を聞きに来た

    550: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:24:33 ID:Ek4
    男の顔を見てブチギレる俺を止める先輩たちと
    土下座する浮気男で詰所はカオスだったと思う

    落ち着いた俺に浮気男の上司が話しかけてきた
    うちの社員が申し訳ないことをした、君はどうしたい?と

    俺は即座に、そいつと母をころしたい!と叫んだ
    悲しそうな顔をしたその上司は俺に
    君のような将来ある子にサツジンはさせることはできない

    君のような子をこういう行為に
    はしらせてしまった社員をおいていることを
    私は君にお詫びする、できる限りのことはするから
    信じて欲しい、と言った

    そして浮気男には君の軽率な行為が一つの家庭を壊し、
    前途ある若者の将来も壊そうとしている
    この状況を見てどう思うんだ?みたいなことを言った

    551: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:27:40 ID:Ek4
    後に知ったがその上司は
    その会社の支店長さんだったそうだ
    そしてその人が警察に事情を説明してくれて
    俺たちは無罪放免となった

    そして帰りにやけを起こして何かあったらいけないと
    俺たちを社用車でそれぞれ家に送り返してくれた

    そしてその夜、その連絡が行ったであろう父親に
    なぐられた
    俺は納得が行かずになぐり返そうとしたら
    父が泣きながら俺をなぐってるのに気づいて
    俺は父に泣いて謝った

    552: 
    名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:30:49 ID:Ek4
    お互いが落ち着くと父は俺に説明し始めた
    悪いのはバツイチ独身と嘘をついて男を騙した母であって
    あの男は母の被害者でもある、
    だからお前も許してやれ、とのことだった

    もちろん俺は納得できなかったけれど、
    父のこの時の悲しそうな顔を見て
    それ以上何も言わないしやらないことにした

    553: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:35:27 ID:Ek4
    それからしばらくして学校から家に帰ると母がいた
    すっかりやつれた見た目になっていたが俺は構わず罵倒した
    シネだのさんざん言ったと思う

    母は笑っていた、そしてカバンから包丁を取り出して
    俺に向けてきた
    俺は抵抗したが軽くはないケガを負った
    苦し紛れのけりが母に入り吹っ飛ぶと急に母は逃げ出した

    俺は父に連絡をした
    憎くても警察に電話してはいけないという一心だった
    だが、電話で父は俺にこう怒鳴った
    バカ野郎、すぐに救急車を呼べ!今から俺もすぐに帰る

    父が俺を心配してると感じて
    電話口で泣いて救急車を呼んだ

    554: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24()10:39:23 ID:Ek4
    父が呼んだのか、病院が呼んだのか
    手当が終わると警察に事情を聞かれた
    となりでは父が全て正直に話せ、
    と優しく諭してくれた
    みっともないが俺は父がいる安心感で
    泣きながら警察に全て話した

    話が終わると俺を事情聴取していた警官が
    辛いことをすまなかった、
    でも君のお母さんはさっき自首してきたそうだ
    お母さんも悪いと感じているんだ、お母さんを恨んではいけない