Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

彼女はヒロちゃんと知り合ったその日にデコトラに連れ込まれファ●ク。チソチソに真珠入ってたw「ヒロちゃんとは遊びだから里子に出す感覚でアテシを待って♡」だと!笑わせるw

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1306215380/
575: 恋人は名無しさん 2011/06/09() 02:10:34 ID:EWZIvBeMO
 携帯から投下します、フェイクありますが実話です。

文才皆無なのでスルー推奨

俺:20代学生、ヘタレ
彼女:当時JK
ヒロちゃん:彼女の浮気相手、デコトラ使い

合コンで知り合った俺等は意気投合し、付き合おうとするも彼氏がいた為
お別れするのを待ってからお付き合いする事に。
当時は筋を通してから俺と付き合ってくれた事に感心したりもした。

お互い進学や就職を経て生活環境が変わりながらも不仲になる事もなく、
四年が経過したある日を境に俺はドツボにハマる。

その日は、彼女の地元で遊んでいたのだがやたら周囲を気にする彼女。
訊くと、「先輩であんまり絡みたくない人がいて、一緒にいるとこ見られるとからかわれるんだ」との事。
最近久しく再会した微妙な距離感の先輩との事で、この時は特別疑問を抱かなかった。
しかし数ヶ月してから疲労を理由にえっを拒むようになった彼女を見て、
さすがに怪しいと思った俺は彼女の携帯を寝ている間に見た。

出てきたのは、ヒロちゃんと書かれたメール履歴と寝顔写メ、
彼女の友人のドキュ美からのメール『ヒロちゃんとッたの!?』
日付は彼女が周りを気にしだした時期だった

  •  

  • 577: 575 1ASLEW2znk 2011/06/09() 02:19:14 ID:EWZIvBeMO
     彼女を起こし、問いつめたヒロちゃんの内容は概ねこんな感じ。

    ・数ヶ月前に地元の友人ドキュ美(鬼女)に誘われ飲み会で知り合った
    ・彼女の近所に住む運転手で三十路手前
    ・写メはその時撮った
    ・知り合ったその日にデコトラに連れ込まれファ
    ・チに真珠入ってた
    ・ヒロちゃんとッた手前俺といるところを目撃されるのが気まずかった
    ぶち切れた俺に泣いて謝罪する彼女。
    「あの時は日常の言動が原因でストレスが溜まり俺に冷めてて別れたかったけど、浮気のおかげで俺の大切さが分かった、別れたくない」
    更に聞くと、
    ・連絡はたまにくるが浮気は一回のみ
    ・月収は五十万
    ・借金が五百万以上
    ・ドキュ美と体関係があって、ヒロちゃんの子供を産んだ可能性あり

    地雷なヒロちゃんより俺の方がいいという彼女。俺は冷めさせる原因を作った身であるという事と、
    一度きりの過ちという事でヒロちゃんにもう会わない、連絡しない旨のメールを入れさせて許した。

    数週間後、彼女の部屋で一緒に音楽を聴いていた時、俺はCDを取り出そうと
    クローゼットを開けたのだがそこには見たことのないウィルコムの充電器があった。
    彼女曰く、「職場の仲のいい先輩が泊まりにきて忘れていったんだ、早く返さないと」
    彼女の仕事はシフト制で、その先輩とは休みが被る事はまずないと
    聞かされていた俺はさすがに疑った。

    彼女に鞄見るぞと半ば強引に中身を調べると、出てきたウィルコム、
    出てきたヒロちゃんのデータ嫌な予感的中orz

    580:
     PUoLapOgSM 2011/06/09() 02:27:13 ID:EWZIvBeMO
     またまた話し合い、ヒロちゃんと切れなきゃ別れると言うと、
    「別れないで将来結婚しようって言ってくれたのは嘘なの?」
    「正直ヒロちゃんに対する思いは少しあるの。だけど私は俺と一緒にいたいから
    気持ちを整理する期間をちょうだい、必ず俺と結婚したいから冷静になりたいの」

    心変わりしたなら別れても構わないと思っていたが必ず気持ちを整理して
    俺と結婚したいという言葉に縋った俺。当時は本当に彼女に惚れていたし、
    四年という月日を信じたい気持ちしかなかった。
    ヒロちゃんともメール履歴から親交はありつつもあの日以来
    深い関係になっていない様子だったので、別れる事はしなかった。
    ヒロちゃんとは連絡は取らないけど心から踏ん切りがついた時にメールや
    データは自分で全て断ち切るからという彼女の言葉を信用して、
    俺も様子見する条件でその場は決着した。

    それからはお互い仲良く割と幸せな期間が続いた
    ある日、暇ができた俺は彼女が休みの前日と知っていたのもあって
    話でもしようと電話してみたのだが、普段すぐに出る彼女が何故か出ない。
    他の事をしている時間帯でもなかったので、何かあったのかと
    何回かかけてみてようやくつながった、のだが聞こえてきたのは男女の声だった。

    581:
     575 1ASLEW2znk 2011/06/09() 02:32:01 ID:EWZIvBeMO
    聞こえてくる様子からして車を運転しながら間違って
    携帯の通話ボタンを押してしまったのだろう、ボソボソと二人の声が聞こえる。
    俺は電話を切り、ヒロちゃんといるんだろ?話を聞きたいから電話しろとメールした。
    しばらくして彼女から電話がきた。

    「ヒロちゃんがもう会わないなら最後にご飯でもって事で一緒にいるの」
    俺が切れる、「何で会う必要があんの?一言も聞いてねーし。
    てか飯食ったなら今から話したいからこっちこいよ!」
    「ちょっとムリ、ヒロちゃん酔っ払っちゃってつぶれてるからまた明日電話するね。」
    一方的に電話を切られ、かけ直してもつながらない。何度もリダイヤル、何度も何度も。
    つながった。お前何やってんだよ、と口を開きかけたその時、
    「オォィ、てめー俺の女に何の用だよ?」

    ヒロちゃん降臨。
    「てめー、元彼だろ?アイツにしつこくつきまとってってんじゃねぇヨ、殺すぞ?コラ」
    俺は意に介さず、
    「彼女は俺と付き合ってんだけど?うぜーからちょっと彼女に代わってくんない?」
    ヒロちゃん切れる。
    「あぁぁぁん?喧嘩売ってんのかコラやってやんよ今からテメーボコッからヨテメェ家ドコダ出てこいよ、マジコロスコロス225
    この勢いに激萎え。
    「何でお前に殴られなきゃいけないんだよw彼女と話がしたいんだけどつながんねーなら切るわ」
    電話を切った俺。この後も何度も着信があり出る度に
    三十路前のオッサンに喧嘩売られる始末。
    しばらくたってようやく彼女から着信。大泣き状態で、
    ヒロちゃんに切れられ一人取り残されたらしい。

    俺は迎えにいって彼女の部屋で話を聞いた。

    585:
     575 1ASLEW2znk 2011/06/09() 02:40:20 ID:EWZIvBeMO
     ヒロちゃんは俺の家はどこだと散々彼女に問い詰めたが答えなかった為、切れて帰ったそうだ。
    そして一晩かけてようやく嘘塗れだった真相を聞き出した。