まとめ連合

【7/8】服を剥がれても私は無抵抗だった。抵抗したら息子は噛みちぎられる…そう思った。目の前の怪物は慣れた接客トークで私をリラックスさせようと努めてくれているが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

268 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:01:11.84 ID:6j7GEXWeO
フェラをしていた彼女が、私によつんばえになるように言った。
私は指示に従った。するとおしりの穴に彼女が顔を突っ込んだ。

「チョホホォ!

「毛むくじゃらで臭い」と言いながら彼女が私の肛門付近を舐め
まわしてきた。ズゥーフーズィフーと深呼吸も始めやがった。

「臭い」

「ヤン!ハン!チョット、ハン!

「女の子ってこういうの好きなんだよ」

そうなのか。

しかし肛門をかように刺激されると、普段は意識しない筋肉が不
可思議な躍動感をもって動きだした。

――
屁が出そう。

私は彼女にそのことを申し出た。

「私の顔に出して」

二度拒んだ末に私は彼女の顔におならをした。犬の恰好のままの、
すかしっぺだった。ドビューと屁をした。

「女の子はこういうのが好きなんだよ」

嬉々として彼女がいう。

そうなのか。

  • 269 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:04:02.72 ID:6j7GEXWeO
    犬の恰好のままの私の背中に彼女が跨った。ローションをつけて
    腰を前後にふる。

    「今背中に感じてるのが、膣だよ。みたいでしょ」

    「みたいです」

    「ダメ」

    彼女が私の尻を叩いた。

    「ヒョオン」

    「女の子はこういうの好きなんだよ」

    そうなのか。

    彼女は私の背中の上に倒れこんできた。

    「今背中に感じているのがおっぱいだよ。触りたい?」

    「触りたいです。吸わせてください」

    「ダメ」

    と彼女が私のでっぱった腹を叩いた。

    「女の子はこういうの好きなんだよ」

    そうなのか。

    「周りの女の子も君のこと叩きたいって思ってるよ」

    やっぱりか。

    270 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:05:50.76 ID:6j7GEXWeO
    彼女は私の耳の裏が汚いからといって舐め出した。
    犬の恰好のままの私の下にもぐり、わきの下に鼻を突っ込み、お
    ちんちんの周りのアマゾンを舌と鼻で探検を始めた。

    「女の子はこういうの好きなんだよ」

    そうなのか。

    私は彼女の行動の一つ一つに興奮していた。違和感を感じたもの
    の温かな肌のぬくもりを感じていた。いちいちハフハフ答えてい
    た。

    私は じらされていた。彼女はなかなか私に体を触らせてくれなかっ
    た。両手でスーツを握りしめるしかなかった。

    「ぽこんぽこんはねているね」

    と彼女が私のおちんちんをなでた。

    271 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:09:56.32 ID:6j7GEXWeO
    • このエントリーをはてなブックマークに追加