彼女が既婚者と浮気してた。なんでも、浮気相手の奥さんが彼女実家に凸ってきたそうで、彼女父が「俺君、浮男とは誰だ?」ともの凄い剣幕で聞いてくる。いや、こっちが聞きたいわw

◇修羅場◇part63
love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1219070250/

473: 恋人は名無しさん 2008/08/24() 00:15:36 ID:nugX0JU60
人の見てたら書きたくなった 

5
年ほど前の話。 
俺男 24歳 会社員 
元子 21歳 OL 
浮男 27歳 一応国家務員(通称ヒロくん) 
浮妻 多分浮男と同じくらい OL 全て当時年齢ね 

元子JK時代に告られ付き合い5年経過。特に困った問題も無く、普通に結婚の 
話も出ていた。元子とならいいかと思ってたし、なにより惚れてた。 
とある日、元子が俺男のアパートに来てまったりしてたのね。ビール無いのに 
気づいて元子がコンビニに買いにいってくれたわけだ。尽くしてくれるな~なんて 
思って待ってたら携帯ブルブル。俺のか?と見れば元子忘れてる。メールのようで 
バイブ3回鳴って止まった。ここで俺男のいらない興味が出てしまった。 
つい見ちゃったわけだ。メールを。悪いってことは自覚してたけどほんと興味本位だった。 
ロックかけてなかったのですぐ見れた。 
送信者 ヒロくん  
件名  やばい 
本文  ばれた。迷惑かけんようにするけどむりだったらごめん 

なんじゃこりゃ? と思い、送受信履歴を漁るとラリメールが出るわ出るわ。 
なんとなく元子が何してるのかわかってしまった。 

478: 
473 2008/08/24() 00:30:57 ID:nugX0JU60
携帯メールを見ながら腹が立ったが、それ以上に事の経緯をとにかく知りたくて 
携帯見たことも居直るつもりで元子の帰るのを待ってた。 
しばらくすると帰ってきて、俺が携帯持ってるの見るなり奪おうとする。目が尋常じゃない。 
とりあえず元子を押さえ込んでメールを見たこと、ヒロくんとやらがやばいって言ってたことを 
伝え、やったんだな?と伺うと泣き出した。このときの構図はまさにマウントポジション。 
この女泣き落としか?と思い、問い詰めるもギャン泣きされて話にならず。 
しょうがないのでしばらく放っておき、落ち着いたところで「メールを見たのは 
悪かった。けど内容はどう考えても浮気だろ?きちんと説明できるようになったら 
また連絡して。とりあえず帰れ」とだけ言って追い出した。 

476: 恋人は名無しさん 2008/08/24() 00:19:43 ID:Jx+756Oy0
wktkなんだが1つだけ 
実名系の名前は止した方がいいかと・・・ 

四円 

483: 473 2008/08/24() 00:48:54 ID:nugX0JU60
支援どうも 
>>476ヒロくんも実名ではないので安心を 

続き 
追い返してから23日は釈明の電話、メールのみだったので知るかと放っておいたが、今度は 
元子親父から電話あり。鬱陶しいながらも出てみると「俺男君、浮男とはだれだ?」 
とものすごい剣幕で聞いてくる。いやこっちが伺いたいと言い、実は今元子さんとは 
こういう状態だということを伝えるとちょっと会って話がしたいと。 
何やらおかしげな空気を感じ、仕事が終わってからうちに来ていただいた。 
元子親父から聞いたことは、 
①浮妻が家に突然やってきて浮気の事実を伝えた(写真等も見せられた
②浮妻の要求は某日にきちんと話をしたいことと、そちらの誠意を見せて欲しいこと 
③元子は何を言ってもわけのわからんことを言うだけでさっぱりわからん 
といったことだった。父親としてはその某日に俺にも来て欲しいという依頼であった。 
当然断りたかったが、元子両親はとてもいい人、本当に親子になりたいってくらいだったことと、 
野次馬的な俺男の興味が勝ってしまい同席することに。 

491: 473 2008/08/24() 01:04:01 ID:nugX0JU60
遅くてすまんね 
適当に書いとくから後でこき下ろしてもらって結構 

続き 
嫌がる元子を親父と俺男で拉致っぽく車に乗せ浮男と浮妻のもとへ向かう。 
車中お前既婚の男はいかんだろと諭しても廃人のように何も言わず。まあ俺も 
元子への気持ちなどすでに好奇心に変わっているので内心どうなるか楽しみだった。 
反面元子両親にはかわいそうにという同情の気持ちもある。また俺男にも迷惑を 
かけたと土下座までされこちらが恐縮してしまう。そうこうするうちに到着。 
某所で浮男と浮妻、元子と元父ならびに俺男という面子で話し合い開始。 
浮妻から淡々と今回の経緯を説明される。興信所に頼んであったようで証拠の 
書類も揃えてある。この人は事務的だ。対照的浮男は開き直ったような態度。 
内容は浮男と元子の共通の知り合いがいて、たまたま飲み会の場で意気投合した 
というもの。それからはgdgdだ。まあ内容はかなりはしょった。 
浮妻はとりあえず夫とは離婚します。慰謝料についてですが、以前お話した 
あなた方の誠意というものを見せていただけますか?ときた。 

500: 
473 2008/08/24() 01:20:34 ID:nugX0JU60
いざ書き出すとまとめるの大変なんだな 
もう少しだからがんばる 

その次は親父のターン。娘がとんでもないことをして大変申し訳ない。慰謝料に 
ついてはできる限り希望に添えるよう努力する。裁判だけは回避してほしい、と平謝り。 
親父も廃人娘にお前も何とか言わんかいとどなる。その後でヒロくんが俺に向かい 
「さっきから気になってしょうがないんだけど、あんただれ?」と食ってかかってくる 
感じ。考えてみたら自己紹介してなかった。元子の婚約者(うそだけど)と言い、 
奥さんに向かい「あなたの元子への請求ももっともだと思いますが、僕も浮男さんに 
対して請求できる立場かと思いますが、構いませんか?」と質問。妻はご自由に、 
もう他人になる人ですから、とあっさり。まあ請求するつもりもないが。 
ここからヒロくんのターン。元子てめえ男いんじゃねーかよどーなってんだよと 
自分のことそっちのけで元子をけなす。そして俺に向かい、てめーがちゃんと 
かまってやんねえから元子がこうなんだよ!言っとくが元子から誘ってたんだからな、 
おめーに払う慰謝料なんか1円もねんだよ!とつばがかかる勢いでまくし立てられた。 
こいつ本当に公僕か?と考えてたら親父がタイソンばりの右フックをヒロくんに 
ぶち込んじゃった。阿修羅のようだった。 

506: 
473 2008/08/24() 01:34:14 ID:nugX0JU60
たらたらごめんね。そろそろしめたい。 

続き 
死んだんじゃねえか?と言う感じで倒れこんだヒロくん。だれもかまわないので 
俺が気遣う。とりあえず息はしていたので放っておく。親父がフーフー言いながら 
俺の娘をおもちゃにしやがって・・・と呪文のようにとなえて仁王立ち。親父さんに 
とにかく落ち着いてと座ってもらう。この間誰も(元子に浮妻)なんもしてないのよ。