【1/2】半年間毎日の電話は、俺「俺のこと好き?」彼女「大好きだよ〜♡」なんてことしてた。でも、親友と穴兄弟だったことが判明した。つーか、他にもストック男がいた。

【1/2】 【2/2】

1週間前に別れた彼女のTwitterを見たお話。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1414586897/
1 名も無き被検体774+@\(^o^)2014/10/29() 21:48:17.79 ID:Og/6CSId0.net
よかったら聞いて行ってくれよ。

6 名も無き被検体774+@\(^o^)2014/10/29() 21:53:39.94 ID:Og/6CSId0.net
俺とその彼女の出会いは、俺が仙台に旅行に行った時。

たまたまそこの焼肉屋でバイトしてた子に一目惚れした。名前は樹里って子だ。

俺は高校から大学へ進学して離れ離れになった同級生達と会うのも込みで34日仙台に泊まる予定だったがあまりに俺が一目惚れしたせいで晩飯は3日間全てその焼肉屋で食べたww

そんなこんなで、どうにか連絡先を聞き出したんだ。

これが今年の1月の話。

7 名も無き被検体774+@\(^o^)2014/10/29() 21:55:54.78 ID:Og/6CSId0.net
そこから俺はめちゃめちゃ連絡取った。

相手も俺とウマが合うと思ったのか、LINEが結構盛り上がり、そのうち通話になり。

二週間も経てばお互いどちらからと言わずとも「会おうよ」って話になった。

これが今年2月の話。

11 名も無き被検体774+@\(^o^)2014/10/29() 22:01:58.53 ID:Og/6CSId0.net
俺は2月の後半から3月の中盤までめちゃめちゃシフト入れてバイト頑張った。

そしてどうにか金を作り・・・

来たる3月の22日と23日!この土日に弾丸一泊二日の仙台突撃ツアーを敢行した。

相手も「本当に来てくれたんだー!」と喜んでくれ、2人で楽しく遊んだ。

そしてその日の夜・・・彼女は一人暮らしだったから「うちの家、来る?」って言われて・・・

俺は行かなかった。

俺は本当にその子が好きで、そして俺の貞操観念が強いのも相まってか、その日は抱けなかった。

片道1万弱使って会いに行ったけど、本当に大切にしたいと思って抱けなかった。

その晩は1人でホテルに泊まってシコって寝た。

これが3月のお話。

12 名も無き被検体774+@\(^o^)2014/10/29() 22:07:55.50 ID:Og/6CSId0.net
そのまま俺は自宅のあるTOKYOへ戻った。さすが大都市、仙台とは品揃えが違った。

そんな事はどうでもいいのだが、家に帰った後に電話したとき彼女の「家泊まってく?」にNoと答えた俺の話題が出た。

彼女はその時こう言った。

「男の人を家に泊めた事無かったから全然そんな事考えずに言っちゃってごめん。私も付き合ってない人とHとか無理なたちでさ。わざわざ気を遣わせちゃってごめん。でもありがとう」と。

俺は天使に出会ったと思った。仙台にエンジェルを発見した。

その時誓った。絶対この子モノにしようって。

これが4月の話。

13 名も無き被検体774+@\(^o^)2014/10/29() 22:11:41.24 ID:Og/6CSId0.net
それからは毎日電話した。

そして月1で彼女が東京来るか俺が仙台行くかして会った。土日を利用して一泊二日の逢瀬を繰り返した。

俺は貞操観念強いから彼女を抱く事は思っても見なかった。

彼女もそういう事はしっかりしてる子だと思っていたからお互い同じ気持ちだと思っていた。

一番深くても手を繋ぐだけの高校生みたいな淡い恋愛してた。

そうやって3カ月を過ごした・・・。

これが567月のお話。

19 名も無き被検体774+@\(^o^)2014/10/29() 22:27:15.39 ID:Og/6CSId0.net
来たる8月。正確には7月下旬

俺は心に決めていた。告白しようと!

大学2年生20歳の俺、ひさびさの淡い恋をちゃんと成就させてマジで愛せる彼女作ろうと勝負に出たわけである。

相手は専門大卒の21歳のフリーター。顔は中の上でスタイルはそこそこ。胸はEカップ。

でもキャラが男らしいのでモテないと言っていた。これ大事だから覚えてて

そんな子に告白するために用意した最高の舞台・・・

37 隅田川花火大会
もはや高校生のロマンチストバカが考えるような設定だが俺は恋愛経験はあれど童貞、失う物なんて無かったし恋愛に酔っていた。もうここでケリを付けてやろうと!

仙台で見つけたマイスイートエンジェル樹里を
26日土曜日運命の日に東京に呼んだ。2人で出店楽しんで花火見た。すっげえ綺麗だった。