まとめ連合

【3/3】普段は隠している”女性の顔”を、行為の時だけ彼女は存分に見せてくれていた。それは、私だけが知っているものだと思っていた。差出人不明の手紙が投函されるまでは…

【1/3】 【2/3】 【3/3】

210  良介  03/07/03 17:11 ID:6sKJFxDE
興奮は極みに達した。
私は自分を抑える事が出来なかった。

服を脱ぎ捨て、千春をベッドに押し倒した。

千春に覆い被さる。
唇を重ねる。舌を絡ませる。
千春が腕を絡ませてくる。

二人共涙を流していた。

(今日一日だけだ・・・今日一日だけだ・・)

そう何度も自分に言い聞かせながら千春を抱いた。

211  えっちな21禁さん  03/07/03 17:13 ID:AKVKBjeB
>>210
ああ、やっぱ抱いちゃったんだ。

214
  良介  03/07/03 17:22 ID:6sKJFxDE
目が覚めると千春が台所に立っていた。
昨夜、二人は全てを忘れ何度も交わった。
「おはよう」
千春が笑顔で話し掛ける。
「ああ」
タバコに火をつけ視線をそらす。
千春を見ているのが辛かった。

私はスーツに着替えた。
早めの出勤の準備をした。
キーケースから1つしかないこの部屋のカギを抜き、
テーブルの上に置いた。

「カギは一つしかないからポストに入れておいてくれ。」
私は遠まわしに千春に帰れと言っている。

そして千春はその言葉を予期していたかの様に唇をかみ締め、
やがて静かに頷いた。

  • 216  良介  03/07/03 17:25 ID:6sKJFxDE
    「じゃあ行って来る」

    その言葉を聞き千春の目から涙がこぼれた。

    「もうすぐ出来るから・・ね?・・食べてって・・・」

    床にはコンビニの袋が置いてあった。
    恐らく朝早く起きて買ってきたのだろう。

    私は再び視線を落とす。
    そして持っていたカバンを置いた。

    217  えっちな21禁さん  03/07/03 17:31 ID:eCc8oYVV
    >
    「もうすぐ出来るから・・ね?・・食べてって・・・」

    切ない・・・

    218
      良介  03/07/03 17:31 ID:6sKJFxDE
    千春の作った朝食がテーブルに揃った。
    ご飯に味噌汁、ししゃもにハムエッグ、そして納豆にサラダ。
    コンビニで揃う材料と言ったらこんなものだろう。

    それでもなぜか千春の味がした。
    運んできたのは私の分だけだった。

    「お前は食わないのか?」

    「いい。良ちゃんの食べる所見てる。」

    「食いづらいじゃないか」

    「いいじゃない。それよりごめんね、こんなものしか作れなくて・・」

    「十分だ」

    219  えっちな21禁さん  03/07/03 17:36 ID:AKVKBjeB
    どうなるんだろう・・・。

    233
      良介  03/07/03 18:26 ID:6sKJFxDE
    千春が作った朝食を食べ終え、私は再び立ち上がった。
    千春は座ったまま私の方を見なかった。

    「じゃあ行って来る。カギよろしく」

    千春が黙って頷いた。

    私が出て行くまで、千春はその場を動かなかった。

    (これでいいんだ・・)

    私は自分に言い聞かせ、部屋を後にした。

    440  良介  03/07/04 16:55 ID:sjh1JPwQ
    午後になると私は得意先まわりを始める。
    しかし今日は何もやる気が起きなかった。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    まとめ連合