【2/3】嫁「ごめんなさい。1回だけなの。無理矢理誘われて…でもなにもなかったから!」仕方ないので間男と口裏合わせしている録音を聞かせてやったら... ガクブルしてんじゃねーよw

【1/3】 【2/3】 【3/3】

912: 離婚さんいらっしゃい 2013/09/11() 12:23:07.93 
認定や粗探しは全部投下されてから頼む 
あと報告者も過去話なんだろうしもっと1レス長めにまとめてくれ 
このスレは1レスMax4kだしかなり長めのレスを許容する 

913: 
833 14iGaWqIZs 2013/09/11() 13:58:58.22 
>>912 了解 まとめて投下します 

後は証拠の積み重ねと粋がっていたが 
俺の仕事がきつくなってきた 
大きな現場を抱え、現場学校現場サッカー現場or会社お迎え会社と 
仕事と子供のことで手がいっぱい 
移動中は、携帯鳴りっぱなし 
もち、ハンズフリーを使用してるが、メールで切符きられた 
 
会社が休日でも同じ状態、家に帰れば家事が待ってるし 
心身ともに疲れていた 
嫁はあいかわらず、自分中心の生活 
嫁が休みの日、子供のことを何度かお願いしたが、嫁実家に預け自分は美容室&密会 
のちにログで解ったこと 

施工から2ヶ月後、ようやく仕事が落ち着いてきて余裕ができた 
溜まってるログの整理をしようと会社のPCを立ち上げ黙々と作業をしてたら… 

「お前、仕事中なにやってんだ!!」 

振り向いた先には、支店長  
  
俺「えっあっ取引先の地図の取りまとめを 
支店長 「うそつけ しばらく見てたけど何をやってんだ」 
  
溜まり溜まったログを夢中で見ていたので、気がつかなかった 
つか、会社に自分1人だと思ってたのに!? 

今までの経過・嫁の浮気を話した 
上司も相談に乗ってくれて、それならと小規模の現場に変えてくれた 
「お前は、現場叩き上げだし、いないと困る  
出来るだけ協力するから、決着付くまでがんばれ」 
と言って、励ましてくれた 

914: 833 14iGaWqIZs 2013/09/11() 14:01:04.24 
仕事が終わると、俺実家に迎えに行き 
夕食は、買い物から子供と一緒 
お風呂も3人で入り、TVを見て歯を磨き、寝る 
休日も大きな声で応援し、俺手作りの弁当を一緒に食べた 
嫁と子供が合う時間は11時間もないくらい 
  
子供に「ママいなくて寂しくない?」と聞くと 
ムスコ 「パパがママでママがパパみたいだから大丈夫」 
ムスメ 「寂しいけどママ仕事がんばってるから我慢する」 
ムスメよママは仕事以外もがんばってるんですが… 
  
個人懇談で担任の先生に 
「お父さん・お母さんとのスキンシップはとれてますか?」 
と聞かれた 
俺  「仕事が忙しくてつい 
先生「冬休みの宿題で思い出に残ったことで聞いたのですが 
    ○○ちゃんの答えがチョット気になって」 
  
子供って敏感なんだと改めて感じた 
なるべく夫婦間を悟られないようにと接してきたつもりだが、 
解るんだなぁ 

パパとママ全然一緒にいないし座る席(夕食時)も変わった 
お風呂もみんなで入らなくなった  
パパは怒らないけどママはすぐ怒る 
「宿題やった?」しか言わない 
仕事忙しいからしかたない 
おじいちゃんおばあちゃん家には言ったけど小学校に入ってから家族で旅行してない 
だから思い出がない 
と言ったそうだ 

8
歳の子にそんなこと言わせた自分が情けなかった 
お兄ちゃんも同じ心境なんだろう 
子供のことを思い再構築することも考えた 

915: 
833 14iGaWqIZs 2013/09/11() 14:02:53.53 
ある程度、証拠も揃ったし嫁につきつけて真意を確かめよう 
俺的には、嫁は他人になってるが、子供は違う 
母親は、必要だし、今回のことで目が覚めてくれれば 
昔みたいに戻れるかも… 

子供を迎えに行き、買い物し、夕食を用意し、お風呂に入ってた時 
嫁が帰ってきた 
1
週間ぶりのそろった食事 
  
GWは、店が忙しいだろうから、その次の土・日曜日 
家族で出かけようと嫁に言った 
期間は、十分ある シフトから外して休むようお願いした 

嫁「今年になってみんなで出かけてないね わかった」 
久しぶりの親子4人の会話  
どこに行こうか、なにをしようか会話が弾んだ 
目が少し潤んだ 

この日からログを取るのをやめた 
嫁との修復に努めようとした 
嫁の顔を見て会話をするようにした 
家族プチ旅行までの約1ヶ月 
朝も早起きして朝食を囲むようにした 
夜はみんなで1つのベットに寝た 
とにかく一緒にいる時間を増やした 
上司にも相談し早く上がらせてもらっていた  

相変わらず、嫁の帰りは不定だし、疑惑もあったがスルーした