【2/2】妹とお風呂に入るのなんて小学生の時以来。ましてや男の人となんてあり得ない事なので、どうしよう?っていう気持ちなのに、彼は魔法みたいにどんどん服を脱がし始めた。

そうなると後は私たちの声だけ。

狭い空間なので、ものすごく声が響いて、それがまた興奮させるというか。

185
優奈2007/09/13() 12:06:13 ID:0Bb4nscZ0
そんな私たちに追い討ちをかけるように、彼の手が私達の手をとりました。
そしてなんと私と妹のお互いの前の部分に。
「ここ、攻めてあげて。」と笑顔で言う彼に騙されるように私は妹の一番感じる部分に指を当てました。
同時に妹の指が私のところへ。
「俺、穴するから」とこともなげに言った彼は、再び私達の中へ。

彼が指を動かしはじめると、「いやぁぁ、あん・・・んっ」と妹が声を上げ、その瞬間私の股間にあてた妹の指が激しく動き出しました。
私もそれにつられるように妹にあてた指を前後に動かしました。
どう言ったらいいのでしょう。もう、本当に気持ちいいんです。

私が気持ちよくて思わず妹の方の手を激しく動かすと、それに合わせて妹の手も激しくなって。
彼の指は、ちょうどいいところをいったりきたりしてるし。

190
優奈2007/09/13() 13:19:04 ID:0Bb4nscZ0
彼は、かまわず私達の中を攻め続けました。

絶妙というか、速くしたり優しくしたりの加減がすごくうまくて 私は足をもじもじさせながら彼につかまって立っているのも大変でした。
彼の口は、私達の胸に向かい、どうされているのかもわからないくらい感じさせられました。
しばらくすると、妹が小さく口を開きました。

「お姉ちゃん、いっちゃう・・・。」目を閉じ、唇をかみ締める妹。
「加奈ちゃん、いきそう?」と彼に聞かれると、恥ずかしそうに頷く妹。

彼は、私から指を抜くと妹を抱え右手を妹の中へ、左手で前の部分を激しく刺激しはじめました。
狂ったように、という表現が合っているかと思います。

「いやぁぁぁぁぁ。・・・・・あっあっあっあっ。やぁだぁぁぁっ。」

妹の声だけが響き渡りました。さらに妹の乳首に吸い付く彼。
「いっちゃう!駄目ぇぇ」と体をぶるぶると震わせる妹。
私はただ見ていることしか出来ませんでした。

「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」と2回叫んだあと、「いっ・・・くぅぅぅっ」とだけ言い、妹はそのままいかされてしましました。

191 優奈2007/09/13() 13:30:39 ID:0Bb4nscZ0
崩れ落ちるように座り込む妹。
呆然と見ていた私は、すぐに彼に抱き寄せられました。
妹と同じように、2箇所同時に攻められた私は放心状態。
「優奈ちゃんもいこうね。」と耳元でささやかれた途端、体の内側がしびれてくるのがわかり、そのまま絶叫。
恥ずかしくて、必死に声を抑え彼に「私もいっちゃう・・・・」と伝えました。

気を抜いたら、すぐにでもいかされてしまいそうな中、彼が妹に話しかけました。
「加奈ちゃん、お姉ちゃんもいっちゃうから見ててあげて。」顔を上げる妹。
妹と目があった瞬間、猛烈な恥ずかしさがこみ上げてきて、私は再び絶叫。
「お願い!やめてぇ。・・・見ないで。加奈、見ないでぇぇぇ。」
そう叫んだ瞬間、彼の手がさらに激しく動き始めました。

体がビクンビクンと痙攣し、あっちこっちに肘や足をぶつけながら私は絶頂。
妹の横にへたり込みました。

192 優奈2007/09/13() 13:48:28 ID:0Bb4nscZ0
足に力が入らず、床に座り込む私たちに彼が言いました。
「大丈夫?気持ちよかった?」私と妹は必死で頷くだけ。
そんな私達をいじめるかのように、彼が私を抱き上げました。

「じゃあ、お姉ちゃんからね!」そういいながら、私を壁に手をつかせ腰に手をまわす彼。
彼が自分であそこをつかんだ瞬間、私は「はっ」となりました。
「お願い・・・。それだけは妹の前じゃ無理。お願い、許して」と彼に嘆願しました。
涙目でお願いする私を見て、彼もわかってくれた様子でした。
「加奈、お願い。一回出ててくれない?」と妹に頼むと、妹もすぐに心中察してくれて、「向こうのお部屋で待ってるからね。」とお風呂から上がってくれました。

妹がいなくなると、私はもう駄目。
今まで我慢していた分も合わせて 恥ずかしいくらい彼に吸い付き、抱きつきました。
「優奈ちゃんとしたい。」そうささやかれると、私は何度も頷き、彼におしりを向けました。
そんなに経験が少ないわけじゃないけれど、彼と初めてのその瞬間を大切にしようと、全神経を自分の下半身に集中していたと思います。

193
優奈2007/09/13() 14:03:10 ID:0Bb4nscZ0
彼のあそこが おしりにあたると私は目を閉じました。
じらすように先端をこすりつけてくる彼。
後ろから優しくキスされ、「入れるよ。」と一言言われました。
(
本当にしちゃうんだぁ。これは浮気だよねぇ。どうしよう?)

とまあ、その瞬間一応色々考えたんですけど、彼のものがゆっくりと入りはじめた途端、そんな事は考えられなくなりました。
にゅる〜、というか、ズズッというか全身を駆け巡るような感覚とともに、彼のものがゆっくりと私の中に入るのがわかりました。
「ひゃぁ、はぁぅぅぅ・・・ん・・んっ」と変な声を出したのを覚えています。

奥まで刺さるような感覚のあと、「はいっちゃったよ。」と私の手をとり、あそこを触らせ確かめさせる彼。
「やだ、言わないでぇ」と泣きっ面の私。
そしてそのまま彼がゆっくりと腰を動かしました。
もう、あり得ないくらいの感触。
体中が敏感になっていた私は、少しの動きで体がビクビクと波打つ感じ。
そんな私を、さらに限界に追い詰める行動を彼がとりました。

194 優奈2007/09/13() 14:16:11 ID:0Bb4nscZ0
「加奈ちゃーん、ちょっと来て!」部屋で待っている妹を呼び寄せる彼。
(
ちょっと待って。嘘でしょ。)と思う間に、妹がお風呂の扉まで来ました。
「加奈ちゃん、入ってきて。」と彼。
無理、無理!と思いながらも、彼のものは後ろから入ったまま恥ずかしい体勢の私。
(
えっ?どうしよう。どうしよう、どうしようぅぅ?)
とパニくる私をよそに、ガチャっと扉が開きました。
私は、「やぁぁぁぁ、ほんとに無理ぃぃぃ。」とそのまましゃがみ込みました。

するりと抜ける彼のもの。
「あーあ、抜けちゃった。」と彼。