【3/8】「退治だ」私は地球を守らねばならない。生まれて、初めて、社会のために何かをする。私は使命感に燃えていた。しかし、彼女の反撃も半端ない。何かを吹き付けられた!

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

88 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:43:22.80 ID:YD/0t5XxO
意識が混濁していた。肉の塊のおかけで私は疲弊していた。

だんだん友里が消えていく。
だんだん肉豚が現われてくる。

「なんで泣いてるの。だれ、友里って」
と、怯える豚。

豚いわく、ピストン中、私がいきなりぶつぶつ呟き出して、つむっ
た目から涙一筋流れたそうだ。フィニッシュの時には小さく「友
里!」と断末魔の叫びを上げて肉の中に出したらしい。

91 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:53:13.25 ID:YD/0t5XxO
私はなんでもないと鼻をすすった。

風呂に入り体を洗ってもらう間、私は友里のことを考えていた。

友里と少しだけ向き合えた気持ちになれた。

嗚呼、困難を乗り越えるとはこの事か。

−−
私たちは思い出の延長上に生きている。その思い出とどう向
き合うかで、未来が決まるんじゃないだろうか。

私の心は晴れ晴れとしていた。
今を、生きている。それを実感できた。

ちんちんを洗う豚を見た。私はこの肉の壁を乗り越えた。
この肉の壁はもう盾だ。

成長することとは何か。
一つの答えを私は出した。
思い出に勇気を持って向かい合うこと。
それもまた成長じゃないだろうか。

私の心は晴れ晴れとしていた。
肉豚は、話しにくそうにペラペラトークを続けていた。

  •  

  • 93 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 02:04:23.16 ID:YD/0t5XxO
    私は決意した。

    友里に謝ろう。電話番号、メアドは知っていた。今すぐ、謝ろう。

    遅いかもしれない。
    変かもしれない。
    でも最期に惚れた女なんだ。
    自分なりに誠意を見せたい。

    帰りぎわ、豚に部屋の出口で言った。
    「今日はありがとう貴女は私の盾だ」
    そして、病人を見る目で彼女は私を見送った。

    その後、私は友里の携帯に電話を掛け「おかけになった電話番号
    は〜」のアナウンスを聞き、メアドが届かず戻ってきたのを確認
    した後、自宅に戻り、逆転裁判をクリアして眠りに就いた。

    この間、体が痛かったことを付け加えておこう。

    96 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 02:10:11.38 ID:YD/0t5XxO
    申し訳ないが、続きは今日の夜に書かせて頂きたい。

    後一人。三人目誇り高きソープ嬢に童貞を贈ったはもう少しお待
    ち下さい。

    皆様、お付き合いありがとうございます。

    97 名も無き被検体774+2012/06/11() 02:11:15.84 ID:O/s8xeYk0
    ツムラ先生お疲れ様

    楽しみに待ってるwwww

    98 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 02:12:56.81 ID:YD/0t5XxO
    追記
    他にも成長したことがあった。

    なんと今までオナニー出来なかったグロ女子画像や友里でオナニー
    出来るようになった。

    もう、私に抜けないものはない。

    99 名も無き被検体774+2012/06/11() 02:19:35.08 ID:hN5MrVmc0