【6/8】「退治だ」私は地球を守らねばならない。生まれて、初めて、社会のために何かをする。私は使命感に燃えていた。しかし、彼女の反撃も半端ない。何かを吹き付けられた!

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

235 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:20:25.35 ID:8XfLB9fwO
昨晩は栄光ある同僚との酒を交えたひと時を過ごした。朝まで飲
み、しばらく寝てしまった。

皆様、大変待たせた。誇り高き風俗嬢に童貞を贈った話のエピロー
グである「私の初体験が終わった話」をしよう。

短めだ。
木曜日に貼れたと今更後悔している。
終わりは一瞬で過ぎていく。

237 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:23:24.17 ID:8XfLB9fwO
今年のゴールデンウィークだ。

私は川崎にいた。

この日私はある目的があって川崎にいた。

ソープだ。

あかなめに会いに来た。

――
私があかなめとSEXをしてから一年間私の身の上にはいくつかの
災難がやって来ていた。それらはすべて闇の歴史となっている。

生涯、私はこの一年間を忘れない。全てが駄目になった。
これから私が歩いて行くかもしれない道はなくなり、これまで歩
いてきた道も崩れていた。私はその場で立ち止まるしかないだろ
う。

  •  

  • 238 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:24:40.68 ID:8XfLB9fwO
    同時に何人もの風俗嬢に抱かれた。風俗とは人生だ。直面した時
    にはいかなる悲劇も、時がそれを喜劇に現像してくれる。それを
    信じなければ、私たちは生きていくのがなお辛い。

    239 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:27:32.01 ID:8XfLB9fwO
    何度もあかなめに会いたくなった時があった。でも、次の機会へ
    と先送りしていた。

    私はあかなめが風俗嬢として矜持を持ち続けているとばかり考え
    ていたからだ。

    何度もあかなめの肉体でオナニーをした。あの締まり具合を思い
    出した。あのフェラを思い出した。あの抱きしめられた時の激痛
    を思い出した。

    あかなめは私にとってかけがえのない風俗嬢の一人となっていた。

    なぜ逢いに行かなかったのか

    いつでも逢いに行けると思っていたからだ。

    一度SEXした女性と逢うのが私の中で気負いになっていたからだ。

    今思うと自分がゆるせない。タイムマシンに乗って、その時の私
    のアナルにおちんちんをねじ込んで成敗してやりたい気持だ。

    240 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:29:42.33 ID:8XfLB9fwO
    不意に、あかなめに会いに来たのに理由はなかった。一年ぶりの
    SEX
    をしたかった。

    童貞を贈った誇り高き風俗嬢に会いたかった。闇の歴史を紡ぐ中
    で不安に駆られ、ちょいとばかり甘えたかった。そんなところだ
    ろう。

    ともかく私はあかなめにSEXするために川崎に来た。

    一年前、宙を飛んでいく気持ちで歩いた道を歩き、その店に入った。

    しかし、その店にあかなめはいなかった。

    店員に尋ねると、あかなめはGW前に店をやめていた。

    ――
    私には、それが真実なのにエイプリルフールの冗談に聞こえた。

    241 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:39:26.46 ID:8XfLB9fwO
    私はこれまでSEXした風俗嬢が今もその店にいるのかどうか、思い
    出したように調べる癖がある。私を抱いた風俗嬢たちが店を去っ
    たことは何度もあった。そのたびにそれが真実なのだと認めてき
    た。