【1/2】妻の携帯を見て笑いが止まらなかった。ラリったメールは、俺を、悲しみ→怒り→呆れ→笑いの光速サイクルの渦へ誘った。いい証拠残してくれてサンキューwww

【1/2】 【2/2】

【ネタも歓迎!】嫁の浮気【雑談しながら待ってます】其の二十二

504 名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/18() 11:53:33.77 ID:
流れを切ってすみません
妻に浮気されていました
その時の経緯を書き込んでもいいですか?

505 名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/18() 11:56:50.01 ID:
どうぞ

506
 サレ夫 TH/4CCXboiE2:2014/03/18() 12:03:55.13 ID:
>>505
ありがとうございます
とりあえず、トリつけます

まず、僕は30歳のサラリーマン、妻は27歳の主婦です
子供はいません
発覚した状況は、ごく一般的なものです
〇妻の態度が冷たくなった
〇派手な服装を着だした
〇夜の外出、外泊が増えた
〇夜の生活を拒否され続ける
〇ケータイを手放さない
あまりにも様子が変だったので、
悪いとは思いつつも、妻のケータイを見てしまいました
ロックはかかってはいましたが、
結婚前から同じ暗証番号なので、すぐに分かりました
そして、中を見てみると、完全に浮気をしていることが分かりました

507 サレ夫 TH/4CCXboiE2:2014/03/18() 12:07:45.69 ID:
妻のケータイには写メが残されていて、外で知らない男のものを咥える画像、
車で性行為をする画像が多数保管されていました
よく見れば、ケータイのスケジュールにチェックが付いている日があります
それは、妻が外出、外泊をしていた日付であり、
かつ、おそらく性行為をした日付であることが分かりました
日付を見れば、ほぼ毎日会っているようでした
しかも、よりによって結婚記念日、
私の誕生日にすら浮気相手と密会をしていたようです
家では私と祝い合い、私におめでとうと言いながら、
陰では他の男と遊ぶ妻に愕然としました

509 サレ夫 TH/4CCXboiE2:2014/03/18() 12:15:58.82 ID:
どうやら、数か月前から浮気をしていたようです
しかしなぜそうなったか、思い当たる節もありました
私は仕事も忙しく、妻には寂しい思いもさせていました
それが、おそらく引き金になったのでしょう
そして妻の心は、もはや浮気相手に傾いていました
私を侮辱し合うやり取り、愛を語り合うやり取りが多数残っていました
あまつさえ、私と離婚して浮気相手と再婚するとまで書いてありました
それを見た私の心はズタズタでした
私は妻を心から愛してました
とても大切に思っていました
ですが、妻はそうではありませんでした
私は途方に暮れ、泣くことしかできませんでした

508 名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/18() 12:12:45.14 ID:
4円 あなたがATMと言う事かな?

511
 サレ夫 TH/4CCXboiE2:2014/03/18() 12:20:06.02 ID:
>>508
そういうことになりますね

それから、私は変わりました
毎日出来るだけ早く帰り、積極的に家事を手伝いました
家では積極的に話しかけ、常に会話をするようにしました
最初の方は、妻はとても冷たい反応でした
話しかけても無視されることも多かったです
それでも、私は妻に話しかけました
嫌がる妻を説得し、旅行にも出かけました
休日は妻を連れて、映画館や観光地などに行き、
出来るだけ妻と接する時間を多くしました
何かの記念日には妻にサプライズでプレゼントをしたり、
私が料理をふるまったりしました
とにかく、妻のために必死に毎日を過ごしました

512 サレ夫 TH/4CCXboiE2:2014/03/18() 12:23:20.35 ID:
その間も妻は浮気相手と会い続けていたようです
それでも私は妻と夫婦でいようとしました
そのかいあってか、徐々に妻も私と向き合うようになりました
会話も増え、談笑もして、二人で料理を作ることも出来ました
次の休みはどこに行くか、次の旅行はどこに行くか、妻も楽しそうに話し始めました
少しずつですが、妻との距離が再び縮まってきたのを実感していました

518 サレ夫 TH/4CCXboiE2:2014/03/18() 12:31:14.30 ID:
そんなある日、私が仕事で待ち時間が長く週刊誌を買い、それを自宅に持ち帰りました
私がお風呂から上がると、妻がその週刊誌を見ていました
妻は私に気が付くと、慌ててその週刊誌を机に戻し、笑顔を向けてきました
おそらく、女性の浮気についての記事が書いてあったので、
それを読んでいたんだと思います
そして、私に「もし私が浮気をしたらどうする?」と聞いて来ました
私の心は少しだけざわつきました
それでも、私は笑顔を妻に向けました
そして、「キミは浮気なんてしないよ」と言いました
妻は「分からないよ~?」と冗談交じりに言ってきました
私はさらに、「分かるよ。だって、信じているから。
キミはそんなことをしないって信じているから」と答えました
その瞬間、妻は少し表情が硬くなりました
そいて私は続けました
「僕は、キミにとっていい夫であるかは正直分からない。
でも、心からキミを大切に思っていて、僕は間違いなくキミの夫なんだよ」
「そんな僕が、キミを信じないはずがないだろ?
夫だからこそ、キミを一番信じているんだよ」
「キミはどうかは分からないけど、
少なくとも僕はキミを心から大切に思ってる。心から愛してるよ」
そういうと、妻は急に泣き始めました
そして、泣きながら「私も」と言ってくれました

526 サレ夫 TH/4CCXboiE2:2014/03/18() 12:38:19.20 ID:
それから、妻は更に変わりました
妻から私に話しかけることも多くなりました