「違う!浮気じゃない!確かにホテルには一回だけ行ったよ?でも何もしてないし!!」半ネ果のツーショットとか好きだよとかのメールしてて、どこが浮気じゃないんだよ!あほ

◇修羅場◇part109
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1306215380/
382: 恋人は名無しさん 2011/06/04() 22:11:22 ID:oa8+a+wX0
文才なくて長いですが…
俺男 25 社会人
彼子 21 俺男の彼女
山田さん 20? 彼子の同僚

俺男と彼子は彼子の就職を機に同棲を開始。
付き合って2年だけど、喧嘩も得になく、同棲を始めてもうまくやっていた。
彼子の入社した会社は社員同士仲が良く、得に女子は女子会と称して月に何度か飲み会を開いたり、休日でも遊びに行くほどだった。

383: 382 2011/06/04() 22:21:13 ID:oa8+a+wX0
彼子は今日あったことを包み隠さず話す性格で、「今日会社の○○ちゃんと△△さんと××で遊んで来たよ」などと良く話し、俺は会ったことのない彼子の友達・同僚の名前や、その人の性格などを知っていた。
半年くらいたった頃、休日家でまったりしてると、彼子の携帯にメールが来た。
携帯に表示された名前は山田さん。聞いたことのない名前だ。

385: 382 2011/06/04() 22:29:39 ID:prtqZWWtO
その場を離れていた彼子にメールが来た旨を伝え、ついでに山田さんが誰か聞いてみた。
彼子は最近同じ部署に配属された人で、席も隣でよく話す人だと説明した。
その時はふーんと思っただけで、特に気にも留めなかった。
ちなみに彼子の部署は女性だけで構成されており、山田さんは女性とばかり思っていた。

387: 382 2011/06/04() 22:33:19 ID:prtqZWWtO
それから月日が経ち、彼子は何度も女子会に出席しては、その感想を俺に話した。
そこで俺はある違和感に気付く。女子会にも関わらず、彼子から山田さんの話しが出てこない。
そこで彼子に聞いてみた。

  •  

  • 「あれ、この間メール来てた山田さんは女子会には参加しなかったの?」
    「うん、山田さん飲み会苦手らしくて一度も来たことないの」
    その後彼子に話題を逸らされ、山田さんの話しはそこで終わった。
    その時馬鹿な俺は社内で山田さんは彼子以外の女子とはそんなに仲良くないのかななどと考えていた。
    そしてまた違和感は続く。彼子は俺と一緒にいる時に電話が掛かって来ると、その場で出て通話を始める。
    しかしここ最近は着信が来るとその場を離れ、別室に行くようになった。

    更におかしいと感じたのは、女子会の頻度が増え、恒例の感想がない日が増えたことだった。
    いつも女子会が終わったら、その報告を欠かさなかった彼子がそれをしなくなった。「今日の女子会どうだった?」と聞くと、「うん楽しかったよ」としか言わなくなった。
    だんだん彼子のことが疑わしくなり、浮気をしているのでは…と思うように。

    390: 382 2011/06/04() 22:38:32 ID:prtqZWWtO
    いつも女子会が終わったら、その報告を欠かさなかった彼子がそれをしなくなった。「今日の女子会どうだった?」と聞くと、「うん楽しかったよ」としか言わなくなった。
    だんだん彼子のことが疑わしくなり、浮気をしているのでは…と思うように。
    そして更に疑いを濃くしたのが、ある日の山田さんからの電話だった。

    リビングで彼子と談笑していると、彼子の携帯に山田さんから着信が入った。ふと俺が震える彼子の携帯に目をやると、山田さんからの電話だった。彼子はその場で取り、急いで寝室へ向かった。
    その時電話の向こうの声が大きく、俺にまでその声が聞こえた。

    「彼子今大丈夫?」
    男の声だった。
    寝室のドアに張り付いて話している内容を聞き出そうとしたが、彼子が小声で話しているらしく聞こえなかった。

    392: 382 2011/06/04() 22:43:05 ID:prtqZWWtO
    30分後電話が終わった彼子に聞いてみた。
    「山田さんって男?」
    「えぇなんで?女だよ!何でそんなこと聞くの?」
    「いや…さっきの電話の相手の声男の声っぽかったから…。」
    「ひどーい!山田さん確かにハスキーな声だけど、男とかひどいよー!山田さんに言いつけちゃおw」

    彼子はごまかした。
    俺は自分の耳のよさには自信がある。確かにあれは男の声だった。
    彼子は嘘をついた。

    それから一週間後、修羅場が起きた。

    彼子が風呂に入っているとき、テーブルに置きっぱなしの彼子の携帯に山田さんから電話が来た。
    俺は一瞬ためらったが、電話に出ることにした。

    393: 382 2011/06/04() 22:43:34 ID:prtqZWWtO
    「はい」かなりの裏声で出た。
    「あぁ彼子?今大丈夫?」
    …野太い男の声。

    「うん」じゃないと気付かない山田さん。そのまま話し続ける。
    「あのさー、来週の旅行なんだけどさ、俺△△も行きたいんだよねー」
    …旅行?確かに彼子は来週の土日に旅行に行く。女子会のメンバーと。頭が混乱して何も言えなかった。

    しばらく沈黙が続いた後、「おーい、彼子?聞こえてる?」
    俺はその声で我に返り、
    「あの、彼子の彼氏ですがどなたですか?」
    「すすすみません!間違えました!」
    電話が切れた。

    一瞬で状況を把握し、頭に血が上った俺は山田さんにかけ直した。何コールならしても出ない。

    397:
     382 2011/06/04() 22:48:57 ID:prtqZWWtO
    その時風呂を終えた彼子が来た。
    「何してんの!?」
    携帯を取りあげる彼子。

    「今山田さんから電話が掛かってきた。山田さん…男だったんだな」
    「人の電話に勝手に出たの?ひどい!」
    「浮気してんの?」
    「違う、してないよ!私のこと疑ってるの?」
    「ふーん。来週の旅行、山田さんと行くんだろ?女子会メンバーと行くって言っていなかったっけ?」
    「山田さんは車出してくれるだけだよ!それ以外は女の子だけだし!」

    「車出してくれるだけの人が△△行きたいとか言うんだ。まあいいや。なんか疑わしいから、その旅行に行く女の子に俺今から電話して聞いていい?」
    「やめて!そんなことしないで!私のこと疑ってるの?」
    「うん、疑ってる。何にもないなら今ここで俺が友達に電話して聞いてもいいだろ?」
    「やめてよ!もうこんな時間だよ?友達も迷惑だよ!」
    こんな時間っていってもまだ22時半なんですが…。

    俺は拒む彼子にイラッと来て彼子から携帯を奪い取り、トイレに閉じこもった。