【3/6】嫁は「私は俺さんが好きです。でも結果として浮気をしてしまいました。俺さんが私のことを許せないなら別れてください」と泣いた。それを見て俺も泣けた。

【1/6】 【2/6】 【3/6】 【4/6】 【5/6】 【6/6】

325 名無し@18歳未満の入場禁止 bsooj3rX0A 2009/12/24() 23:29:32 ID:tUrDlcA/0
ふだんなら、この後チンコ挿入するのだが、この段階で俺のチンコはぜんぜん柔らかかった。
平常時よりは少しは大きくなってはいるようだが、とても入れれるような状況じゃなかった。
性欲は ものすごいあるのに体が言うことをきかない。そんな感じだった。
なんか焦りというか、怒りというか、とにかく起たないことにイライラした。
イッた余韻が少し落ち着いた嫁が、俺がとまっていることに気がついた。

「Aさん、どうしたの?」

「いや・・・その、なんか・・・起たなくてね」

「えっ?!」
嫁が俺の股間をみる。そこにはぐにゃっと倒れた情けないわが息子。

「・・・お口でしてみましょうか・・・?」
俺は あんまりフェラというものが好きじゃない。まあ、されれば気持ちはいいんだけど、セクロス中は いっぱいキスをしたい派なので、自分のチンコの味や精液の味は味わいたくないというのが本音だ。だから嫁にフェラしてもらったのはホントに数回しかない。

「いや、いいよ。俺としてはMに意地悪してるのが一番興奮するから、Mをもっと苛めさせてくれればいいよ」

「体力・・・もたないと思う・・・」

「さっきすごくしたくなってるって言ったじゃない」

「ぅー・・・確かにいつもよりはしたいですけど・・・でもAさんはそれ以上にHだから・・・」
その後 さっきのように愛撫してじらし、我慢できなくなりそうになるまで繰り返してからいかせる というのを、洗い場と浴槽を往復しつつ、数回繰り返した。
徐々に俺のチンコも上向きになってきていた。だが、まだまだ入れれる固さではなかった。

  •  


  • 「そうだM、オナニー見せてくれ」

    「えええええ?!だめ!絶対だめ!・・・恥ずかしすぎるから、絶対駄目!」

    「さっき自分で触ってたじゃない。いままでしっかり見せてくれたの1、2回しかないからじっくり見たい」

    「だってさっきはAさんが意地悪するから・・・それにもう4回ぐらいいってるから、自分でしてもすぐいけないよ〜」

    「ってことはMがいくまでじっくり見れるわけだな」

    「えー?!恥ずかしいよ。」

    「俺もう1月出してないから正直しんどいんだよ、だから早くMとつながってMの中に出したいんだ・・・だから協力して」
    嫁もついに折れ、浴槽に腰掛けてオナニーをはじめた。
    俺は かぶりつくようにそれを見つめた。
    嫁のオナニーはエロくて俺としては大満足だった。
    ただ愚息は ほんの少し固くなっただけだった。

    326 名無し@18歳未満の入場禁止 bsooj3rX0A 2009/12/24() 23:47:39 ID:tUrDlcA/0
    不意に嫁がはずかしそうに言った。

    「Aさん・・・えっとね・・・その・・・お尻・・・さわりたいですか?」

    「尻?」
    といって俺は嫁の尻に手を伸ばし軽く揉んだ

    「きゃ!・・・そうじゃなくて・・・その・・・あっちのほう・・・」

    「え?アナル?」
    俺が聞くと嫁が耳まで赤くしてうなづいた。

    「でもまえに俺が触ろうとしたら『お尻の方さわったら今後一切エッチ禁止』ってすごい怒ったじゃない・・・」

    「だって!・・・恥ずかしいもの・・・でも、Aさん、そっち好きだって言ってたでしょ?」
    たしかに俺はアナルが好きだ。これまで付き合った女性とは100%アナルセクロスをしてる。(スカや逆アナルはダメ!ゼッタイ!)

    「本当にいいの?」(内心超wktk)

    「うん、Aさんが立たなくなったの私のせいだもの。Aさんも辛いでしょ?私、お知りに嫌悪感があるとかそういうんじゃなくて、すごく恥ずかしいだけだから我慢する。それにAさんは、私が恥ずかしがると興奮するでしょ?だから起つかなぁって・・・」

    「それはすごく嬉しいな!」
    俺は嫁と向かい合わせになると嫁の体で唯一触ったことの無かったアナルに手を伸ばした。
    嫁は片手で俺のチンコを握り もう片手で俺に抱きついた。
    嫁のアナル周辺はマムコからの汁ですでにぬるぬるだった。

    「やだ、恥ずかしい・・・やっぱり・・・」
    俺に抱きつく嫁の腕に力が入る。俺は嫁のアナルを暫くほぐすようにマッサージした
    その間 嫁は俺のチンコを握りながら「だめ」とか「恥ずかしい」とか連呼していた。
    その合間合間にいやらしい声がたまに混ざる。
    俺はかなり興奮していた。

    626 名無し@18歳未満の入場禁止2010/04/18() 02:54:13 ID:QYZwkAlbO
    >>326
    上司に開発されちゃってたんだね・・・

    328 名無し@18歳未満の入場禁止 bsooj3rX0A 2009/12/25() 00:05:40 ID:G1Z+t2W80
    だいぶほぐれたようなので、嫁のアナルに人差し指をそっと入れてみた。

    「あああっ!だめ!・・・だめです!・・・いれちゃ・・・だめ・・・」

    「痛い?それとも苦しい?」

    「・・・痛くないです・・・ちょっと違和感あるけど・・・苦しくは無いです・・・でもだめ・・・はずかしいから・・・」

    「気持ちよくは無い?」

    「気持ちいいとは・・・違うと思います・・・でもなんか違和感が・・・」
    俺はゆっくり指を進めた。
    さすがに初のアナルで感じてはいないようだが、アナルを弄られているという恥ずかしさからか、Mっ気のある嫁はそうとう興奮しているようだ。マムコからのジュースがこれまでになくあふれてる。それがアナルのほうにもまわり、よりスムーズに指が動かせるようになる。

    「M、恥ずかしくてすごく興奮してるだろ?ジュースがすごいぞ、こっちまでぬるぬるだ」

    「Aさんだって・・・だいぶ固くなってきてます」
    言われてみれば俺のチンコもかなり上向きになっている。まあ、75〜85%ぐらいの強度だが十分入れれそうだ。

    「そろそろ入れて欲しい?」