【2/2】男の攻めを拒む彼女。しかし、男は手を止めずに「さっき言ったじゃない…今だけは彼氏忘れてくれるって…」言ったんかい!ってか勝負下着つけてるじゃねーかw

【1/2】 【2/2】

652  2009/10/02() 10:11:59 ID:ksLDTZBgi
仁  :「ひっ、ひろみっ!もっ、もっと言って!」
ひろみ:「いぃ~っ!チポ~!硬いチ……あっふぅぅぅん、
     いっ、イキそぅあぅ、いっ、あぁぁぁぁぁぁーっ!」

信じられないスピードでひろみの尻が上下し始め、また仁にキスを求めています。
ひろみ:「あぁぁん、してっしてっしてぇぇぇ
仁は両手でひろみの頭を無造作に引き寄せ、激しく髪を掻きむしりながら唇を吸い始めました。
愛液が飛び散りそうな程ひろみの腰使いは激しく、彼女の尻だけがまるで別の生き物かのように、激しくストロークしています。

次の瞬間、お互いの唇を唇で塞いでいる二人は、苦しげにうなり声を上げました。
仁・ひろみ:「!ぅぐっ!んんんんーーーっ!」
つま先立ちになった仁の腰が高く持ち上がり、ひろみは更にその上で激しく狂ったように尻を上下させ、一緒に果ててしまいました

653  2009/10/02() 10:13:07 ID:ksLDTZBgi
思いっきり中出しです
安全日だから、という事だったので、確かに一昨日も私はひろみの中に射精しましたが
ひろみの尻と仁のペスはつながったまま、まだキスを止めようとしません。
お互いの頭をきつく抱き合いながら、夢中で舌を貪っています。
やっと唇が離れ、

ひろみ:「あぁぁぁすっごく気持ち良かった死ぬかと思った
仁  :「俺も。俺、出しちゃったよもうひろみの事、離したくない
ひろみ:「フフッダメよ

言い終わらない内に仁はつながったままひろみを抱き上げ、ソファーの上に寝かせました。
ひろみ:「ん?あっはむっ
仁はまたキスをしたようです。こちらからは仁の尻と、ひろみの愛液で袋までベタベタに光ってズッポリと挿し込まれているぺスの根元、それを咥え込んでいるひろみの秘部だけが確認できます。
やがて、ゆっくりと仁の黒光りする濡れたぺスが抽送を始めました

  •  

  • 655  2009/10/02() 10:18:07 ID:ksLDTZBgi
    ひろみの切なげな喘ぎ声とグチャグチャと卑猥な摩擦音を奏でながら、視界の先で二人の尻が徐々にくねり始めています。結合部分からは、仁の精子とひろみの愛液がぺスの抜き挿しに合わせてドクドクと溢れ出し、ひろみのアルを伝って糸を引きながらソファーの上に大きな染みを作り始めていますが、快感を貪り続ける今の二人には、そんな事は全く関係ないようです。

    三回目の営みが始まりました

    656  2009/10/02() 10:25:27 ID:ksLDTZBgi
    グチャグチョヂュッヂュポッ
    ひろみ:「あぁぁぁはぁぁぁぁぁ~
    ひろみの切ない喘ぎ声が聞こえます。
    「一体何回やるつもりなんだ」私はボーっとしながら見ていました。
    目の前でいやらしく尻をうねらすコが自分の彼女である事が、今ひとつ現実として受け取れない状況でした。自分とは無関係のカップルの覗きをしている、そんな感覚だったと思います。

    仁は無言でゆっくりと抽送を続けています。ひろみは仁の背中に手を回し、二人はまたキスを始めました。
    ひろみ:「んんんちゅぶっねぇまたするの?
    仁  :「えぇっ?ずっとだってひろみ超エッチなんだもんポ立ちっ放しだし
    ひろみ:「ぃゃんずっと勃起してるよね硬いぁぁぁ

    662 えっちな18禁さん 2009/10/02() 12:16:07 ID:fx+BDYE/0
    >>656 (俺のブラウザだとレス番ずれるな)

    健ちゃん、どうせ反応するなら以下の質問によろしく

    ・知り合ったきっかけ、つき合った期間
    ・髪型
    ・肌の色
    ・乳首・乳輪の色と大きさ
    ・クリ・ヒダの色、形、大きさ
    ・下の毛の生え具合
    ・アルの皺の数

    美化しなくていいのでリアルにおながいします。

    663  2009/10/02() 12:31:14 ID:ksLDTZBgi
    >>662
    笑いました。でも、こういうの嫌いではありません。
    また、今後は妄想会話は極力カットします。私自身、いい加減ちょっと長くなり過ぎたかと思いますので。

    >・知り合ったきっかけ、つき合った期間ゴーコン、二年
    >・髪型肩までのストレート、のりピーみたいな。
    >・肌の色真っ白
    >・乳首・乳輪の色と大きさ平均
    >・クリ・ヒダの色、形、大きさ小さめ
    >・下の毛の生え具合薄い
    >・アルの皺の数これは分からん(笑)

    664  2009/10/02() 13:05:13 ID:ksLDTZBgi
    仁  :「でも、止めてもいいんだよ」と、仁は言っていました。
    ひろみはいやらしく尻をくねらせています。
    仁  :「へへへっ!もっと言わないとダメだよ。抜いちゃおうかな~!」
    ひろみ:「いゃ絶対抜かないで!ダメっ!変になっちゃう!」
    ひろみは仁の腰に回した足を解き、両手で仁の尻を押さえつけようとしています。
    仁は深く、深く挿し入れていきました。
    ひろみ:「いぃぃぃ
    仁は大きく出し入れを開始し、次第に激しさを増してきます。
    ひろみ:「あぁぁぁんポ硬いポおっきいもっともっとぉぉぉぉ!」
    肉のぶつかり合う音が大きくなり、ひろみは頭がソファーからずり落ちてきています。仁は構わずピストン運動を強めていきます。完全にひろみの頭が床に落ちましたが、仁は両手でひろみの腰を支えながら、一心不乱に腰を叩きつけています。

    665  2009/10/02() 13:07:13 ID:ksLDTZBgi
    ひろみ:「あぁぁぁぁっ!イッ、イッ、イクイクイクッ!、イクゥゥゥゥ!ん」
    大きく体をのけ反らせ、ひろみは何度目かの絶頂を迎えました。でも、仁はまだのようでした。
    ひろみは床の上にうつ伏せになり、仁はそんなひろみの腰を持ち上げ、今度は後ろから挿入しました。
    パンパンパンッと、リズミカルな音がします。
    ひろみは顔を床に擦り付け、既に絶叫に近い声をあげています。
    仁:「おぉぉぅっ!イクぞ!またイクぞ!中に出すぞ!っ」
    あまりの勢いにひろみは膝を立て続ける事ができず、前のめりに潰れていきます。
    仁は前後ではなく上下に腰を動かし、クライマックスを迎えようとしています。
    ひろみ:「ぁぁぁぁっ!イイ!出してっ!チポ!中で出してェェェ!」
    仁の尻が見えない位の速さで上下した後、グッサリと挿しこまれたまま尻が硬直し、小刻みに震えています。今まさにひろみの奥に射精しているところなのでしょう