【2/2】彼女の通話を盗聴した。相手はやはり男だった。俺は「やっぱり」と思うと同時に激しい嫉妬で胸を焼かれた。そして明日、彼女は男と会う約束をした。

【1/2】 【2/2】

399  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 13:40 ID:STo3Uxvn
やがて二人はラブホテル街に入り、俺もますます距離をとって尾行した。
しかし二人は最初の角を曲がった。
ヤバイ!俺はあわててダッシュする。

すれ違ったカップルが必死の形相で走る俺を奇異な目で見ている。
二人が曲がった角までたどりつき、顔だけを出してそーっと様子を見る。
いない!この両脇に並んでいるどこかのホテルに入ったのだ。
俺はさっき考えた計画を実行に移すことにした。
ポケットから携帯を取りだし彼女の番号をリダイアルする。

呼び出し音が1回、2回、3回、頼む出てくれ!俺は祈るような気持ちで
呼び出し音を聞いていた。

400  えっちな21禁さん  03/07/04 13:41 ID:WS0zvoDC
ワクワク・・・ドキドキ・・・\(’−’;)/ガンガレ!!

401  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 13:46 ID:STo3Uxvn
そのとき左側の2番目のホテルの入り口から女が飛び出してきた。
そしてそれと同時に携帯が繋がった。
俺は また角に身を隠した。

R
「もしもし 大丈夫なの?」
俺「R恵 もし君がもう一度その建物の中に入ったら俺たちの関係は終わるよ」

R「え?」
俺「今来た道を走って戻れ できなかったらお別れだ」

電話を切った。
彼女が戻らなければ終わりだ。
戻ってくれば・・・考えてなかった。
足音がする。
彼女が駆けて来る音だ。

  •  

  • 402  えっちな21禁さん  03/07/04 13:49 ID:EEpfhAn2
    タケちゃんカコイイな

    403  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 13:52 ID:STo3Uxvn
    俺は帽子を取りズボンの後ろのポケットにねじこみ、
    サングラスをはずしてポケットに入れた。
    彼女は角を曲がった瞬間 俺を見て驚いていた。
    「どうして・・・」
    俺はポケットから車の鍵を出し、彼女に渡した。

    「駅前の立体駐車場の2階に俺の車がある そこで待っててくれ」
    彼女は泣きそうな顔をしながら

    「でも・・・」と言った。
    「いいから! 早く!」

    彼女は俺に背を向け小走りに駅の方へ向かった。

    404  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 13:57 ID:STo3Uxvn
    俺は今度は角から全身をさらけ出し、
    彼女が出てきたホテルの入り口をじっと見ていた。

    やがて男が飛び出してきて、周りをキョロキョロ見渡している。
    K次だ、ヤツは何かを叫ぶと俺の立っているところまで突進してきた。
    あわてて角を曲がろうとするK次の背中に俺は声をかけた。
    「彼女は戻ってこないよ」
    ヤツが急ブレーキをかけたように立ち止まる。
    そして振り向いたヤツは鬼のような形相をして俺に言った。
    「てめえは何だ?」
    「さあね 何だろ」
    「ふざけるな! なんでてめえR恵のこと知ってるんだ」

    405  えっちな21禁さん  03/07/04 13:59 ID:YTS1vqTW
    タケちゃん急にハードボイルド。
    大丈夫なのか?絶対殴りあいになるぞ。

    406  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 13:59 ID:STo3Uxvn
    ヤツは俺の目の前まで近づいていた。
    「なんでだろうね」と俺がニコっと笑った瞬間、
    俺の目の前は真っ暗になった。
    俺は地面に尻餅をついていた。
    口の中に苦い味が広がってくる。
    俺はペッと唾を吐きその唾が真っ赤なのを確認した。
    殴られた顔がヒリヒリする。
    えらく短気なヤツだなーと思った

    その瞬間今度は俺の顔面に蹴りが飛んできた。
    俺は間一髪で横に転がってその蹴りをよけると、
    素早く立ち上がって なんとか戦闘態勢を整えた。
    全身の血が逆流して頭に登ってきているのがわかる。

    411  タケちゃん 7cXoTnp/sU  03/07/04 14:07 ID:STo3Uxvn
    実戦で殴り合いをするのは久しぶりだ、たしか小学校6年生以来だな。
    たしか全国大会で・・・体が覚えてくれてると良いんだが・・・
    そんなことをカッカした頭で考えていると次のパンチが飛んできた。
    しかし、モーションが大きい。

    俺は首を振りパンチをかわすとヤツのみぞおちに拳を叩き込んだ。
    ヤツが両手で腹を押さえてうずくまる。
    すかさず俺は蹴りを顔面に叩き込む。
    グシャという嫌な感触がつま先に伝わる。

    今度はヤツは仰向けにひっくり返った。