自宅マンション前のタクシーから嫁と知らない男降りてきた。二人は腕組んでマンションに入って行った。俺は右手に包丁、左手に数本のナイフを持って物音のする寝室向かった。

539 えっちな21禁さん2005/10/02() 20:38:11 ID:tnnc58Ja0
相手をボコにする系は、読んでるとスカッとするけど
自分ではできんなぁ。
2
年前に今の嫁が浮気した時も結局手は出さんかったし。

542 えっちな21禁さん2005/10/02() 21:20:38 ID:qmpBi0VE0
>>539
その話詳しく

547
 5392005/10/03() 01:04:21 ID:D9EK9OAh0
まとめて来たけど、めっさ長くなってしまった。orz
上にも書いたけど、最後にはよりを戻しちゃった話なんで、
嫌な人はスルーお願いします。

書いてる途中で思い出してきた感情が入り混じって文体がバラバラだ
けど勘弁して下さい。

【スペック】
●●俺。2年前は講師兼営業職。本州西半分担当支社勤務。28歳。
沙織現在30歳元OL。胸はDカップ? ちょいぽちゃ。
関係5年前に付き合いだして、4年前から同棲、昨年結婚した。

【状況】
2
年前の話なんで、同棲始めて2年くらい経った時期なんですが、
その時って講諸師兼営業みたいな感じで、営業がアポとってきてくれた
クライアントの会社に行って自社開発ソフトの使い方を教えながら
売り込んでいく&ソフトを売った会社からの要望で操作説明を開催する、
ってな仕事をしてたんです。

うちの支社は本州の西半分を担当してたから出張も多くて、
日帰り半分一泊半分くらいの割合でした。

  •  

  • 548 5392005/10/03() 01:05:48 ID:D9EK9OAh0
    一泊出張の次の日の朝、その時は共働きで
    俺の方が朝遅かったんでゴミ出すのは俺の役目だったんだけど、
    ゴミ持ってゴミ置き場に行ったら大家兼管理人のおばちゃんに会った。

    「おはようございます」

    「あ、おはようございます●●さん。 ゴミ出しですか?」

    「はい、ゴミ出すのは俺の役目なもんで」

    「家事をしてくれる旦那さんでいいですねぇ。
     それにいつも仲が良さそうで」

    「(正確にはまだ旦那じゃないんだけどな)
    いやぁ、一緒に暮らしだして
    2
    年も経つとそうでもないですよ」

    「またまた、昨日だって仲良く腕長んで帰ってきてたじゃないですか。
    うちなんてもう十何年も腕組んで歩いたことなんてないですよ」

    「(昨日? 昨日は出張してたからそんなわけないんだが……
    え? 昨日ですか?」

    「ええ、昨日の夕方タクシーから降りて入って行かれるのを見ましたよ。
    後姿でしたが●●さん御夫婦じゃなかったですか?」

    550 5392005/10/03() 01:06:43 ID:D9EK9OAh0
    「(はぁ?誰かと勘違いしてるな。まぁいいや)
    ああ、あの時か。そういえば……
    あっと、そろそろ会社行かないと。 それでは」

    「ありゃ、お忙しいのに引き止めちゃってすいません。行ってらっしゃい」

    そんな感じで会社に行ったんだが、その時は管理人さんの勘違いだろ
    うと思ってすぐに忘れた。

    で、その次の週だったかな? また泊まりで出張に行くことになったんだが、
    あろうことか営業の奴がクライアントとのアポを1日勘違いして
    俺に予定入れやがって、それが発覚したのが当日クライアントの
    最寄の駅に着いてこれから向かう旨の連絡を入れた時だった。

    明日(つまり本当のアポの日付)に予定を入れると、明後日に朝から入ってる
    地元のクライアントに行くことが出来なくなるし、
    その地元のクライアントは俺が既に数回行ってるとこだったから、
    急遽の奴に明日の予定を代わってもらって俺は地元に帰ることに。

    551 5392005/10/03() 01:07:32 ID:D9EK9OAh0
    「今から帰っても晩飯の時間には間に合わんしなぁ。
    とりあえずこっちで飯食ってぼちぼち帰るか」

    と思って、飯食って家に着いたのが晩の10時ぐらいかな?
    途中で2回ほど沙織に電話したんだが、1回目は圏外で2回目は呼び出
    しだけで通じなかった。

    沙織は電話を鞄の中に入れてるせいで呼び出しに気付かない事はよく
    あったし、それ自体は気にしてなかった。うちのマンションまで歩い
    て帰ってきたら、マンション前にタクシーが停まってて、支払のサイ
    ンが出てた。

    ここからは予想通り、出てきたのが沙織と知らない男だった。
    一瞬声が出そうになったんだが、その時に上の管理人さんとの会話が
    頭に浮かんで声が出なかった。そうこうしてるうちに沙織とその男は
    腕組んでマンションに入って行った。

    「マジ? 浮気? 沙織が? でも腕組んでたよな。普通付き合って
    たり家族だったりしなきゃ腕なんて組まねーよな?」

    553
     5392005/10/03() 01:08:24 ID:D9EK9OAh0
    「いやいや、見間違いだって。
    その証拠に外から見てもうちの部屋の電気点いてないし」

    ……点いたよ、電気。